hyperCAD®-S CADソフトウェア:
2021.2の新機能

hyperCAD®-S 2021.2には、多くのハイライトとさまざまな新機能が盛り込まれました。hyperCAD®-S 電極モジュールにも新機能が追加されました。

パンフレット

CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2021.2 | としてダウンロード

hyperMILL® バージョン 2021.2.

hyperMILL®バージョン 2021.2:新機能


PDF | 2.7 MB


読み込み対応フォーマットの追加

新しいhyperCAD®-Sでは、読み込み可能なファイルとして3つの形式が追加されました。それは、ACISの標準形式であるSATと、メッシュデータを読み込むためのOBJおよび3MFです。これらのファイルフォーマットはhyperCAD®-Sに直接読み込むことができます。

メリット: ファイル読み込み時の柔軟性の向上。


hyperCAD®-S 電極コンバータ

hyperCAD®-S 電極コンバータを使用して、放電加工機用の読み込みファイルを作成することができます。コンバータは、電極モジュールに新たに実装された XML ファイルに基づいて、特定の放電加工機に対応する読み込みファイルを生成します。生成されたファイルは直接機械に読み込むことができ、プロジェクトデータ、基準位置、放電ギャップ、揺動、素材、電極タイプなど、必要な技術パラメータが全て含まれています。コンバータは、単一電極だけでなく、回転電極や仮想電極もサポートしています。

直感的で分かりやすい操作性により、放電加工機への迅速で安全なプロセスの受け渡しが実現します。バージョン 2021.2 の提供時には、次のメーカーとソフトウェア製品がサポートされています。

  • Exeron – Exoprog
  • Zimmer & Kreim – Alphamoduli
  • OPS-INGERSOLL – PowerSpark Editor および Multiprog


メリット: 放電加工機の最適なプロセスサポート。

hyperMILL® CAMソフトウェア

バージョン2021.2の新機能