Navigation

    hyperCAD®-S CADソフトウェア:
    2017.2の新機能

    hyperCAD®-S電極モジュールは、新しいバージョンである2017.2でリリースされた新機能です。その他の新機能:位置合わせ、チェーン選択、部分的に保存、フェイスを簡略化

    CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2017.2 | としてダウンロード

    hyperMILL®バージョン2017.2

    新機能について
    PDF | 3,2 MB | 2017


    CAMソフトウェア: hyperMILL®バージョン2017.2 | カタログ


    hyperCAD®-S電極 - 高速な電極モデル作成とプログラミング

    シャープエッジや切削が困難な形状の領域は、電極で放電加工されます。放電加工プロセスには適切な電極が必要であり、最初に電極モデルが作成され、次にプログラミングされ、最後に加工されます。hyperCAD®-S の電極モジュールを使用しない場合、この製造工程ではモデルの構築とプログラミングに大きな手間がかかります。

    わずか数ステップで電極を構築
    電極モジュールは、hyperCAD®-S における電極作成プロセスを大幅に自動化します。加工条件や形状データをシームレスにhyperMILL® への受け渡すことにより、短時間で信頼性の高いプログラミングが可能です。プログラマーが数回クリックするだけで特別な電極構築スキルなしで実行できるように、プロセス全体が高度にサポートされています。

    電極作成のハイライト
    プログラマーが、図形の中で放電加工をおこなう面を選択します。モジュールは、必要に応じて自動的に電極フェイスを延長したり、電極素材やホルダーを適宜呼び出すことで、干渉のない電極を作成します。
    CAMシステムである hyperMILL® へのシームレスな受け渡しは、形状と加工条件の情報に基いています。プログラマーは、この時点でプログラムする電極を選択し、加工条件の定義を使用してプログラミングを開始します。一致するマクロがある場合、プログラミングは自動的に実行されます。

    Process chain | 電極 | hyperCAD-S 2017.2

    hyperCAD®-Sの電極モジュールのすべての詳細


    Positioning | hyperCAD-S 2017.2

    位置合わせ

    hyperCAD®-S では、各コンポーネント間の関係性を考慮して正確な位置合わせをおこなうことができます。これは、ソリッド、フェイスおよびグループを、対象との関係を幾何的に設定できることを意味しています。「クランプ位置合わせ」機能は、各要素を中心点に向かって相互に直線的もしくは放射状に移動させることができます。
    メリット: さまざまなコンポーネント間の相対的な簡単な位置合わせと便利なクランプ位置合わせ