Navigation

    hyperCAD®-S CADソフトウェア:
    2018.1の新機能

    hyperCAD®-S電極モジュールは、新しいバージョンである2018.1でリリースされた新機能です。hyperCAD®-S 電極モジュールでは型彫り EDM 対応のワークフローを作成できます。その他の新機能:チェーン選択、グローバル フィッティング、パラメータ リスト。

    CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2018.1 | としてダウンロード

    hyperMILL® バージョン 2018.1.

    hyperMILL®バージョン 2018.1:新機能
    PDF | 5,2 MB | 2018


    hyperMILL® バージョン 2018.1 | パンフレット


    チェーン選択 | hyperCAD-S 2018.1

    チェーン選択

    新しい「最短経路」モードは、選択した2つのエッジ間の最短経路を自動で探します。これにより、モデル上の境界線をすばやく論理的に選択できます。また、「ユーザードリブン」オプションを使用するとチェーンのコースをユーザーが制御できます。
    メリット: 操作性の向上。

    グローバル フィッティング | hyperCAD-S 2018.1

    グローバル フィッティング

    この新機能を使用すると、複数のフェイスを結合し、定義した ISO 方向で1枚のサーフェイスを作成します。これにより、hyperMILL® のプログラミングを行う際にすべてのフェイス パッチ群に1つのISO 方向を適用することが可能になります。トリムされた複数のフェイスも単一フェイスに結合できます。
    メリット: NC プログラミング用の単一フェイスの迅速な作成。

    パラメータ リスト | hyperCAD-S 2018.1

    パラメータ リスト

    変数の一元的な管理と変数への値の割り当てを行うために新たなパラメータリストが使用されます。値は数学的条件、関数、定数などに基づき定義でき、ユーザーはこれらの変数を使用してクランプ位置を制御できます。変数をテキスト欄に表示することも可能です。
    メリット: クランプ位置設定の簡素化。


    hyperCAD®-S Electrode

    CERTA Systems | Electrode | hyperCAD-S 2018.1

    一貫した電極作成プロセス

    CERTA Systems と統合させる新しいインターフェースにより、hyperCAD®-S と hyperMILL® を使用した電極作成において一貫したプロセス チェーンが提供されます。"

    • Q-Measure: hyperCAD®-S に Q-Measure が統合されたことにより、測定器の計測ポイントとトレランスを、使い慣れた hyperCAD®-S 環境で直接作成できるようになります。関連するすべての計測ポイントを hyperCAD®-S ですばやく簡単に定義できます。測定器上の電極が特定されるとプログラムが自動的に生成され、計測が開始されます。計測時に目標値と実際値の間のズレが検出された場合は、必要な加工ステップを自動的に開始します。
    • CERTA Systems Job Manager: hyperCAD®-S 電極モジュールの切削条件データはレポート機能を通じて CERTA Systems Job Manager に転送されます。Job Manager は EDM のプログラムを自動的に生成して放電加工機に転送します。


    メリット: 電極製造の自動化。


    回転電極 | hyperCAD-S 2018.1
    回転電極 | hyperCAD-S 2018.1

    回転電極

    放電ギャップの異なる複数の電極形状を、ホルダーに円形に配置できます。角度、方向、距離は定義可能です。配置時に、さまざまな電極形状に対する干渉チェックが自動的に行われます。
    メリット: 放電加工および切削における作業時間の短縮。