Navigation

    hyperCAD®-S CADソフトウェア:
    2018.2の新機能

    hyperCAD®-S電極モジュールは、新しいバージョンである2018.2でリリースされた新機能です。

    ーフェイスの延長やV-スケッチといった、まさにCAMのためのCADといえる実用的な機能により、プログラミング作業の負担が大幅に軽減し、加工精度が確実に向上します。さらに、hyperCAD®-S 電極モジュールに2つのオプションが追加されました。

    CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2018.2 | としてダウンロード

    hyperMILL® バージョン 2018.2.

    hyperMILL®バージョン 2018.2:新機能
    PDF | 3,2 MB | 2018


    hyperMILL® バージョン 2018.2 | パンフレット


    分析: シェイプ間距離 | hyperCAD-S 2018.2

    分析: シェイプ間距離

    この新しい分析機能では、2つのシェイプ間の距離を測定することができます。フェイスモデル、ソリッド、メッシュ、またはストックにこの機能を適用できます。たとえば、グローバルフィッティング機能を用いて作成したフェイスを元のフェイスと比較できます。また、鋳物の削り代を短時間で確認できます。
    メリット: 距離分析の簡素化。

    V-スケッチ | hyperCAD-S 2018.2

    V-スケッチ

    新しい「V-スケッチ」コマンドを使用すると幾何拘束を2D輪郭に割り当てることができます。個々の輪郭を変更すると、その依存関係に基づいてスケッチ全体が自動的に更新されます。V-スケッチの値は、寸法拘束またはスプレッドシートから編集できます。
    メリット: 切削境界や旋削用輪郭を簡単に変更可能。

    仮想電極 | hyperCAD-S 2018.2

    仮想電極

    一度作成した電極のコピーをさまざまな位置で生成できます。これらも干渉チェックの対象とされます。また、必要に応じて基本電極とは異なる加工条件値を設定することもできます。切削条件に沿って適切に電極が作成され、、個々の電極コピーの参照座標系と放電位置がレポートに出力されます。
    メリット: 電極コピーの確実な作成。