hyperCAD®-S CADソフトウェア:
2019.2の新機能

hyperCAD®-S 2019.2には、多くのハイライトとさまざまな新機能が盛り込まれました。

新機能には、アンダーカットとなるエリアを容易に認識できるなどの「CAMのためのCAD」機能が多く搭載されています。

パンフレット

CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2019.2 | としてダウンロード

hyperMILL® バージョン 2019.2.

hyperMILL®バージョン 2019.2:新機能


PDF | 2,6 MB


アンダーカット

新しい「アンダーカット」機能によって、コンポーネントのアンダーカットとなる部分をすばやく確実に検出できます。検出した部分から境界カーブを自動的に作成し、切削境界などとしてプログラミングに使用したり、全体像をすばやく把握したりできます。

メリット: 製品の分析機能の改善。

体積と質量

図形要素のプロパティが 2 つ追加され、製品に関してより詳しい情報を提供できるようになりました。

  • 図形要素のプロパティを使用して、ソリッドとメッシュおよびストックから重心を決定し、作成できます。この値は、クランプ設定の最適化などに使用できます。
  • ソリッドとメッシュの場合、材質を割り当てると重量が出力されます。これを利用して、特定の製品のプロパティを詳細に評価できます。


メリット: 出力情報の改善。

hyperMILL® CAMソフトウェア

バージョン2019.2の新機能