hyperCAD®-S デフォメーション:形状デフォメーション

hyperCAD®-Sのデフォメーションは、特定の仕様に従って図形を変形するためのさまざまなオプションをCAMプログラマに提供します。

hyperCAD®-Sのデフォメーションにより、CAMユーザーは、特定の仕様に従って、曲線、メッシュ、または面のいずれかの幾何形状を変形することができます。この強力な変形モジュールにより、CAMユーザは、従来のモデリング手法であれば非常にコストがかかってしまっていた方法を、簡単にグローバルおよびローカルのコンポーネントエリアを変更できてしまいます。

幅広いアプリケーション

hyperCAD®-Sのデフォメーションは、プレス金型やタービンブレードなどの多様な用途に利用できます。プレス金型の場合、スプリングバックを見込んで大きく曲げることで、正確なプレス製品を作ることができます。
コンプレッサーやタービンブレードは、切削中に反ってしまう可能性があります。したがって、CAMユーザーは、図形要素を逆方向へ変形させ、反らせた形状に対してプログラムする必要があります。これにより、指定されたトレランス内で実際の分を加工することができます。

デフォメーション

hyperCAD®-S デフォメーションの機能

  • 形状の端部の要求精度を充たすための迅速で簡単な方法
  • 要素の変形
  • 体積的変形

hyperCAD®-S デフォメーションの詳細

複雑な図形の作成複雑な図形の作成

ロゴや文字などの輪郭を特定の曲面に投影するというような使用方法も可能ですここで、選択した要素(フェイス、曲線、点、点群、メッシュなど)の体積を変形して目的のフェイスを作成します。

バリエーションモデルを製造するための補正バリエーションモデルを製造するための補正

精密部品を作成するために複数のバリエーションを製造するためのアプリケーションです。

ボリューム変形ボリューム変形

最初のフェイス(赤色)とターゲットフェイス(緑色)に基づいてソリッドの変形が計算されます。

要素のデフォメーション要素のデフォメーション

開始輪郭または点から開始して、選択した要素(赤)をデフォルメして目標の輪郭または点(緑)を作成します。