hyperCAD®-S電極モジュール:放電加工

hyperCAD®-S電極モジュール - 電極を簡単かつ安全に設計してCAMプログラミングを行い、加工機へ出力するためのモジュール

 

シャープエッジや切削が困難な形状の領域は、電極で放電加工されます。放電加工プロセスには適切な電極が必要であり、最初に電極モデルが作成され、次にプログラミングされ、最後に加工されます。hyperCAD®-S電極モジュールは、モデルの構築とプログラミングの両方の段階で作業量を大幅に削減します。

わずか数ステップで電極を構築

電極モジュールは、hyperCAD®-S CADソフトウェアにおける電極設計プロセスを大幅に自動化します。プログラマーが、図形の中で放電加工をおこなう面を選択し、hyperCAD®-S電極モジュールが電極フェイスを延長したり、電極素材やホルダーを呼び出すことで、干渉のない電極を作成します。

電極

放電加工用電極の高速かつ信頼性の高いCAMプログラミング

形状と技術情報は、専用のフィーチャーを介してシームレスにhyperMILL® CAMソフトウェアに転送されます。CAMシステムは、エラーを回避するために、別のダイアログウィンドウとフィーチャタイプを使用して電極プログラミング中のユーザーをサポートします。NCプログラマは、設計上の知識がなくても、数回クリックするだけでプロセス全体を実行できます。一致するマクロがある場合、プログラミングは自動的に実行されます。

電極モジュールの機能

  • ソリッドモデルやフェイスモデルに最適
  • フェイスや輪郭の選択による形状の選択
  • 電極形状の自動延長
  • 形状内の穴は自動的に塞ぐことが可能
  • 基準面の位置を各種定義可能
  • 各電極領域に対する色分けとレイヤーの自動定義
  • 最適な配置でフィットする素材とホルダーの自動選択
  • ストック計算と干渉回避の自動化
  • 面取りもしくはフィレットRによる電極基準位置の指示
  • 詳細なレポート
  • マニュアルで作成した電極形状に対する自動プロセスへの組み込み
  • リブ間の最短距離の自動計算
  • 素材の不要分の長さに対する、長さと調整の自動計算
  • hyperMILL®における高速プログラミング:放電ギャップ、素材サイズ、参照位置などのすべての加工条件データは、hyperMILL®に自動的に転送されます。プログラミング作業は、加工マクロの利用により更なる自動化が可能です。

電極モジュールの機能

色割り当て色割り当て

ユーザー定義のカラー情報が、電極の形状の各領域に自動的に適用されます。

形状延長形状延長

電極形状を自動的に接線延長もしくは直線延長します。テーパー部を追加して、補強することもできます。

電極作成レポート電極作成レポート

加工条件もしくは電極と電極素材に関するレポートを、各電極に対して印刷できます。


hyperCAD®-S電極

電極モジュールは、hyperCAD®-S における電極作成プロセスを大幅に自動化します。加工条件や形状データをシームレスにhyperMILL® へ受け渡すことにより、短時間で信頼性の高いプログラミングが可能です。プログラマが数回クリックするだけで特別な電極構築スキルなしで実行できるように、プロセス全体が高度にサポートされています。