Navigation

    hyperCAD®-S Mesh: ポリゴンメッシュの迅速な作成

    ポリゴンメッシュは、3Dサーフェイススキャナーによる最初のデータとして作成され、リバースエンジニアリングで使用されます。hyperCAD®-Sのメッシュは、CAMプログラミングとNC加工のためにメッシュを素早く準備するモジュールです。

    hyperCAD-S Mesh | ポリゴンメッシュ | CADソフトウェア

    3Dサーフェススキャナーでスキャンする多様な用途には、鍛造部品や鋳造部品、クレイモデルや金型などがあります。3Dスキャナーは、一般的に高精度・高解像度で3D形状をスキャンし、大容量のデータを生成します。

    切削加工のためのメッシュの準備

    CAMプログラマは切削加工のためのメッシュを迅速かつ正確に準備することが求められます。最適な切削結果を得るには、メッシュの偏差を直ちに修復する必要があります。測定分析やチェックを行う場合、hyperCAD®-Sメッシュは、CAMプログラマに多数の機能を提供して、切削に対応したメッシュの準備を支援します。


    機能 hyperCAD®-Sメッシュ

    メッシュ スムージング

    この機能は、メッシュ状態の偏りを修正するために、メッシュをスムージングします。

    hyperCAD-S | メッシュ スムージング

    メッシュの簡略化

    この機能を使用すると、図形を崩さずにメッシュの密度を減らすことができます。データ量を削減することにより、モデルに対する計算が速くなります。

    hyperCAD-S | メッシュの簡略化

    メッシュの穴埋め

    これは、メッシュの穴を簡単に塞ぐことができます。

    hyperCAD-S | メッシュの穴埋め

    メッシュ クラスタの分離

    この機能は、離れたところにできたメッシュ削除することができます。

    フェイスからメッシュを作成

    フェイスやソリッドモデル(オープンソリッドを含む)からメッシュを作成できます。

    メッシュの分割

    メッシュモデルを平面要素を使用して分割することができます。切断結果がスムーズになるように、切り口の三角メッシュは再作成されます。