Navigation

    hyperCAD®-S Solids:効率的なソリッドモデリング

    オプションのhyperCAD®-S Solidsモジュールを使用すると、ユーザーはソリッドモデルを扱うことができます。hyperCAD®-S Solidsは、ダイレクトモデリングに革新的なアプローチを提供します。

    ソリッド | hyperCAD-S

    hyperCAD®-Sでダイレクトモデリングを行うには、まずソリッドのフェイスまたはフィーチャーを選択します。プログラマは、ハンドルとマニピュレータをドラッグするだけで、ソリッドモデルのフェイスの形状と位置をリアルタイムに変更できます。ダイレクトモデリングの最も優れた点は、ネイティブデータだけでなく、読み込んだデータ も扱えることです。フィーチャーデータは、パラメトリックなしで作成できます。したがって、hyperCAD®-Sのソリッドモジュールのダイレクトモデリングは、まさにCAMユーザーのための進化進歩といえます。

    生産性と柔軟性の向上

    hyperCAD®-S Solidsモジュールを使うと、あらゆるソリッドを確実に読み込んで、作成、変換、修正、結合を行えます。CADシステムで作業が実行されると、面取りやフィレットがフィーチャーとして直接認識されます。利用可能なフィーチャーとその機能は、CAMプログラマがフェイスやソリッドをより生産的かつ柔軟に処理するのに役立ちます。 hyperCAD®-S Solidsを使用すると、ソリッドの処理が非常に容易かつ直感的になります。


    hyperCAD®-S Solidsの機能

    外部データの確実な読み込み

    外部データを読み込むと、そのデータはネイティブCADデータと同じように扱われます。スケッチ、曲線、単一パーツ、アッセンブリ、構造、名前、色、レイヤーおよびワークプレーンなどのすべての構造データを必要に応じて移動したり変更したりできます。

    数多くの標準フィーチャー

    基本構造、直線突出し、回転突出し、直線/回転スロット、ポケット、シンプル穴、複雑な穴、パターン、面取り、フィレットを作成できます。

    hyperCAD-S Solids | 標準フィーチャ | パターン
    パターン
    hyperCAD-S Solids | 標準フィーチャ | 直線スロット
    直線スロット
    hyperCAD-S Solids | 標準フィーチャ | 回転スロット
    回転スロット
    hyperCAD-S Solids | 標準フィーチャ | 回転突出し
    回転突出し

    ブーリアン演算

    hyperCAD-S Solids | 集合演算 | インタラクティブモード
    インタラクティブモード
    hyperCAD-S Solids | 集合演算 | 和
    hyperCAD-S Solids | 集合演算 | 差
    hyperCAD-S Solids | 集合演算 | 積
    hyperCAD-S Solids | 集合演算 | 分割
    分割

    時間を節約するゾーンフィーチャー

    ゾーンフィーチャーは、ユーザー固有のフィーチャーの作成を可能にします。ゾーンは、hyperMILL® CAMソフトウェアで変換、コピー、削除、または選択できます。

    フェイスからソリッドを作成

    CAMプログラマは、わずか数クリックで閉じたフェイスからソリッドを作成できます。このプロセスは、同じようにソリッドからフェイスを作成できます。

    フィーチャーの便利な使い方

    パラメトリックなしで作成されたフィーチャーは変更することができます。これらは簡単に選択できるようモデルツリーに保存されます。穴の位置を変更するなどの目的で、フィーチャーをドラッグアンドドロップでコピーまたは移動できます。ダイレクトモデリング後、形状はシステムによって自動的に再計算されます。
    フィーチャーを処理するための幅広い機能が利用できます:削除、ミラー、パターンとして整列、オフセット、移動、スケール、分解など、多彩な機能が用意されています。

    確実なフィーチャー認識

    インポートしたフェイスのフィレットと面取りのフィーチャーを簡単に認識することができ、自動的に作成されます。これらのフィーチャーのパラメータを変更することができます。