Navigation

    深いキャビティ形状を効果的にプログラムし、確実に切削します。

    OPEN MINDは、キャビティ形状に対する革新的な5軸加工手法を提供します。これらの加工手法により、キャビティ形状や高低差のある立ち壁部などの難しい形状を、時間をかけずにプログラムして加工することができます。

    5軸 | キャビティ | 同時加工による5X等高線仕上げ加工

    同時加工による5X等高線仕上げ加工

    5X“等高線仕上げ加工”は、急勾配の加工面を高さ優先もしくはポケット優先で加工するために使用します。平面エリアは、この仕上げ加工の対象から自動的に除外されます。

    5軸 | キャビティ | オートマチックインデックス加工による5X走査線仕上げ加工

    オートマチックインデックス加工による5X走査線仕上げ加工

    通常の3D加工と同じように、平坦部や緩曲面エリアを5X走査線仕上げ加工によって加工させることができます。5軸による自動干渉回避が機能するので、短い工具を使って隣接する立ち壁部を1つの工程で加工させることができます。オートマチックインデックス加工と併用すれば、立ち壁部を金型のスライド方向で加工させることもできます。

    5軸 | キャビティ | 同時加工による5X3次元ピッチ加工

    同時加工による5X3次元ピッチ加工

    5X3次元ピッチ加工により、立ち壁部と低傾斜エリアを1つの工程で加工させることができます。この加工手法を使うと、各ツールパス間の動きが特に滑らかになります。工具と加工機の寿命を伸ばし、加工面の仕上げを最適にするうえで役立ちます。

    5軸 | キャビティ | オートマチックインデックス加工による5Xフリーパス加工

    オートマチックインデックス加工による5Xフリーパス加工

    5Xフリーパス加工により、立ち壁部が隣接するエリアでも干渉を起こさずに短い工具で筋彫りを加工させることができます。

    5軸 | キャビティ | オートマチックインデックス加工による5X削り残り部加工

    オートマチックインデックス加工による5X削り残り部加工

    5X削り残り部加工により、3D削り残り部加工で使用できる全モードを5軸の工具軸制御で加工することができます。 オートマチックインデックス加工によって各削り残りエリアに対する傾斜軸角度が自動的に決定され、モデル全体にわたる割り出し加工を1つの工程で実行させることができます。

    5軸 | キャビティ | 同時加工による5Xリワーク加工

    同時加工による5Xリワーク加工

    5Xリワーク加工(エディタ)は、3Dプログラムを5軸加工プログラムに変換するために使用することもできます。また、干渉の発生により3Dのツールパスが作成されなかったエリアに、同じ工具を使用して同時5軸加工ジョブとして作成することも可能です。3Dおよび5軸ツールパスも、加工結果を改良するために最適化できます。