Navigation

    フェイスと特殊なタスクのための加工手法

    最良の面品位のためのシンプルかつ素早いプログラミング輪郭加工、ヒール加工、スワーフ加工、シェイプ仕上げ加工などの5軸加工手法により、hyperMILL® ユーザーは、さまざまな加工タスクを解決できます。

    5軸 | サーフェイス | 5X輪郭加工

    5X輪郭加工

    溝、けがき、筋彫り、バリ取り、面取り加工用5X輪郭加工では、サーフェイスの面直方法から関連つけられたカーブに対してカーブ上、またはそのカーブの両脇に沿って加工します。この加工手法では、必要に応じて加工エリア全体またはその一部に対して工具軸方向だけをマニュアルで変更できます。

    5軸 | サーフェイス | 5Xヒール加工

    5Xヒール加工

    ゆるやかに湾曲する大きなサーフェイスを加工する場合、ヒール加工を使用するとパスのピッチを大きくとれるため、加工時間を短縮できます。サーフェイスに対する傾斜軸が自動的に調整され、品質の高い仕上がり面が得られます。また、複数の切り込みやストック検出が可能なため、この加工手法は5軸荒加工を効果的に行うために使用できます。

    5軸 | サーフェイス | 5Xスワーフ加工

    5Xスワーフ加工

    曲率を持つサーフェイスに対して、スワーフ加工では工具の側面を使用して加工していきます。パスの切り込み量を大きくとれるので、加工時間の短縮が図れ、さらに加工対象サーフェイスの仕上がりを改善することができます。軸方向やXY方向へ切り込み量を定義できるので、スワーフ加工は荒加工や中仕上げ加工・仕上げ加工を併用する加工にも適しています。回避サーフェイスと切削サーフェイスの定義、ストック更新機能により、加工を精密かつ簡単に実行できるように最適化できます。

    5軸 | サーフェイス | 5Xシェイプ仕上げ加工

    5Xシェイプ仕上げ加工

    より大きな切り込みが可能なバレル工具形状が、 hyperMILL®でサポートされました。
    メリット: 加工時間の大幅な短縮と加工面品位の最適化。
    スパイラル状の動作シーケンスにより、一定の速度による連続的な切り込みが可能になりました。
    加工面品位の向上。