Navigation

    タイヤ金型を確実にプログラムし、効率的に加工します

    5軸CAMソフトウェア – OPEN MINDのタイヤパッケージ:加工の繰り返しによる効率の向上。

    金型やマスターモデルを問わず、タイヤモジュールはタイヤ金型を従来よりも経済的に加工します。自動化、加工手法、および特殊機能は、カットソリッド機能やストーンインジェクタ機能などを利用することで、プログラミングのプロセスを簡略化できます。タイヤのピッチモデルの配列には、、タイヤクロックを定義します。この機能により、各パターン(ピッチ)のプログラミングは一度だけで済みます。ツールパスもタイヤ上の適切な位置にコピーされます。その際、セグメント自動生成機能によって、セグメント境界を横切るツールパスは自動的にトリムされます。さらに、ツールパスが最適化されるため加工時間が大幅に短縮されます。

    タイヤモジュール – 5軸CAMソフトウェア | としてダウンロード

    タイヤパッケージ。hyperMILL® 5AXIS

    改良されたタイヤ加工は
    次の段階へ
    PDF | 2.4 MB | 2017


    タイヤパッケージ | カタログ


    5軸 | タイヤ金型 | ル加工

    5Xヒール加工

    この加工手法では、フラットエンドミルやブルノーズを使い、大きなステップオーバーをとって短時間で仕上げ加工を実行できることに加え、事前に旋削された状態のストックモデルに対する荒加工を最適化できます。 工具はサーフェイスの曲率に沿って動きます。この機能により、底面とプロファイルの立ち壁に対して均一な削り残り代を作成できます。 

    5軸 | タイヤ金型 | 等高線荒加工(ワ-ク指定

    ストック荒加工

    これにより、細かい点が効果的に機能するようになります。削り残り部を正確に認識し続けることで、無駄な動きをさせずに、細長い工具を使用した際にもプロセス信頼性が保証されます。各加工オペレーションは任意の軸方向から実行でき、様々な設定をすることができます。

    5軸 | タイヤ金型 | スワ-フ加工

    最適化された5Xスワーフ加工

    スワーフ加工により、ルールド・サーフェイスのより効率的な加工が可能です。このサイクルにより、プロファイル側面と角度のきつい内部コーナーもフランク接触で簡単に加工できます。テーパー工具を使用することもできます。切削サーフェイスと回避サーフェイスを定義することで隣接するサーフェイスを保護します。 

    5軸 | タイヤ金型 | 削り残り部加工

    5X削り残り部加工

    タイヤ金型の鋭いエッジ部位を、再加工することなしに、細長い工具で精密に加工していくことができます。この加工手法では、アンダーカットを含むすべての削り残り部を認識できます。複数のセグメントに対して、干渉回避により安全が保証された加工を一括して実行することができます。さらに、このサイクルは工具がスムーズに動くようにツールパスを生成します。

    5軸 | タイヤ金型 | 輪郭加工

    5X輪郭加工

    このサイクルは、エッジ部の5軸リワークとサイプ部の効率的なプログラミングに使用します。異なる工具位置で輪郭を一括で加工します。hyperMILL® は、最適化されたツールパスと干渉回避を伴う工具の軌跡をともなった各加工オペレーションを自動に組合わせます。