hyperMILL® を使用した追加工程の加工 - 積層造形部品にもパーフェクトな精度

積層造形部品を100% 正確に仕上げるためには、それぞれの部品に対して工作機械で追加工を行う必要があります。これを最も効率的かつ確実に実現する方法は hyperMILL® を使用することです。

積層された部品を精密で機能的なコンポーネントとして完成させるには、追加工程が必要です。たとえば、サポート材の除去や、要求精度を満たすための仕上げ加工などがそれにあたります。複雑な積層部品に最終的に求められる精度をクリアするための完全なソリューションとして5 軸加工を利用できます。hyperMILL® CAD/CAM システムは、プロセスチェーンの重要な一部として、追加工程である切削加工における柔軟性と確実性を高めます。部品および素材形状データをインポートすることで、必要なプロセス手順を正確に実行できます。切削加工技術に関する当社の幅広い専門知識により、たとえ、工具が届きにくい領域への複雑な追加工程であっても、簡単にプログラミングできることが保証されます。

分析分析

最初に、積層造形された部品を事細かに分析して、後工程をより適切に推定できるようにします。分析を容易にするために、製品形状と積層造形後の形状データを CAD システムにアップロードします。

事前準備事前準備

クランプ設定は、積層造形後の形状データに基づいて設定されます。そのため、クランプ位置を後で CAD システム上で詳細に反映させ、後の干渉チェックに使用できます。CAD の事前準備と CAM プログラミングのすべての加工ステップによって得られた結果は、1 つのファイルに保存されます。

位置の特定位置の特定

積層造形部品では寸法測定の基準とできるような精密な形状要素がないため、通常、正確な位置決めは困難です。hyperMILL®の解決策:hyperMILL® のさまざまなプロービング機能を使用すれば、部品の位置を正確に測定し、完全に定義できます。

追加工程の加工追加工程の加工

hyperMILL® は、工具の届きにくい領域や各種フィーチャーの加工も効率的かつ安全に実行します。干渉チェックと干渉回避により、干渉に関して非常に高いレベルのプロセス信頼性が保証されています。さらに、実績のある 5 軸加工手法により、その後の工程が簡略化できます。

チェックチェック

hyperMILL® は形状寸法の正確さの最終チェックにも不可欠です。対象製品が実際に品質要件を完全に充たしているかを確認するために使用できるプロービング手法を提供しています。