NC プログラミングの自動化

ユーザは、hyperMILL® を使用して NC プログラミングを自動化することにより、プロセスの高速化と生産効率の改善を成し遂げています。

類似製品やサイズ違いの製品、また穴やポケットといった形状要素を有するようなワークは、 CAM プログラミングの自動化を適用することで最も効果が得られやすい分野と言えます。hyperMILL® の自動化テクノロジーによって、プログラミング時間の短縮、プロセスの標準化、全体的な生産効率の改善、更には人的ミスの排除を実現できます。

CAM プログラマーは、相互にリンクしたテクノロジーが盛り込まれたツールボックスを利用して、個々の工程や全体的なプロセスを自動化することができます。これにより、製造基準の定義や順守が容易になり、良い結果が得られたプロジェクトは繰り返し運用が可能です。さらに、経験の浅いCAMプログラマーでも最適な成果が上がり、貴重なプログラミングの専門知識を獲得することができます。

hyperMILL® AUTOMATION Center を使用することにより、さまざまなテクノロジーを個別に適用したり、一元管理したりできます。効率的なプログラミングと製造のための幅広いプロセスの自動化が、いつでも簡単に実現できます。

マクロテクノロジーフィーチャーテクノロジーautomation centerデータベース

CAD/CAM の自動化は、競争力、生産性、プロセスセキュリティの向上に大きく貢献します。

Hagen Rühlich、OPEN MIND Technologies AG テクニカル・ダイレクター

プログラミング時間の短縮

高速で信頼性の高いフィーチャー認識

マクロに保存された製造ノウハウ

部分的または全体的に自動化されたプロセス

自動化を成功させるための工具

hyperMILL® のフィーチャー&マクロテクノロジーにより、プログラミングのノウハウを保存して、後で再利用できます。CAD モデルから取得される図形情報は、CAM プログラミングの過程で自動的に適用されます。穴やポケットなどの標準フィーチャーに加えて、ほぼすべての図形情報を処理できます。例えば、色、形状、またはレイヤー名を使用することにより、図形をカスタマイズ・プロセス・フィーチャー (CPF) に統合することができます。認識されたフィーチャーを処理するために必要な製造ノウハウはマクロに保存されており、自動的に呼び出されます。

工具データベースには様々な切削条件データが含まれており、ユーザは各加工プロセスに適した工具を選択することができます。そして新たに搭載されたVIRTUAL Toolにより、hyperMILL® 自体が個々の加工プロセスに最適な工具を自動的に選択できるようになりました。

現在、世界中の多くの企業が hyperMILL® で構築された自動化ソリューションを既に使用して、プログラミング時間を最大 90% 短縮しています。