フィーチャーを使用した NC プログラミング

「フィーチャー」とは、CAD モデルから自動的に抽出される図形要素と加工関連のデータセットです。フィーチャーには、NC プログラミングを大幅に効率化し、高速化するための機能があります。

穴、ポケット、および溝は、フィーチャーとして作成できる一般的な形状要素の一例です。
多くの穴を持つ製品の場合、それらを個々に手動で選択するのは、時間がかかり、ミスが発生しやすいということは明らかです。同じプロセスを繰り返すことによって、貴重な作業時間が無駄になります。フィーチャーを使用することで、CAM プログラマーはこういったプロセスを自動化し、より複雑なプログラミングタスクに時間を費やすことができます。

hyperMILL® のフィーチャーテクノロジーにより、加工に関連する図形プロパティを把握することが可能になります。穴やポケットなどの図形は自動的に認識され、加工に関連する情報もプログラミング作業において自動で適用されます。

「フィーチャーテクノロジーおよびそれに関連するプロセスとマクロデータベースを備えた hyperMILL® は、プログラミングの自動化や、既存のプログラミングノウハウを再利用することによって、作業時間の大幅な短縮を実現する強固な基盤も提供してくれます」

BAM GmbH の製造部門の責任者、ステファン・バウアー氏

自動化が容易に

NC プログラマーは自動化の水準を自由に設定できます。

最も身近なところでは、フィーチャーテクノロジーが加工領域の指定を支援してくれます。フィーチャーブラウザーは、穴、ポケット、T-スロットを構造的に表示し、その後のプログラミングの自動化を容易にします。

検出されたフィーチャーに対しては、予め登録されたマクロを使用して、手動または完全に自動でプログラミングすることができます。

hyperMILL® AUTOMATION Center は、総合的なプロセスの自動化を迅速かつ確実に進めることができるようにします。

標準フィーチャー以上の効用

カスタマイズ・プロセス・フィーチャー (CPF) を利用することで、標準外の図形要素を単一の加工プロセスに結合することができます。これは、システムが自由曲面や複雑な形状を自動的に認識し、ユーザがそれらを選択するだけでプログラミングできることを意味します。

フィーチャーベースの加工は、自動化された選択プロセスを適用することで、NC プログラミングを効率化、そして簡素化することができます。切削深さ、開始点、面、許容誤差などの加工に関連する情報は、プログラミングに直接使用できます。フィーチャーテクノロジーのその他のメリットとして、製品の品質向上が挙げられます。これが実現したのは、エラーの削減だけでなく、包括的な標準化により、ユーザーが実績のある手順とリソースを利用できるようにした結果です。

穴フィーチャー
すべての加工プロパティを持つ一般的な穴

ポケットフィーチャー
底面のないポケットもサポートする自動ポケット認識

T-スロットフィーチャー
T-スロットとすべての関連情報の自動認識

シングルブレードフィーチャー
マクロを適用するためのシングルブレードフィーチャーの簡単な定義とその利用

マルチブレードフィーチャー
マクロを適用するためのマルチブレードフィーチャーの簡単な定義とその利用

カスタマイズ・プロセス・フィーチャー (CPF)
フィーチャー設定としての 3D サーフェイスは色による識別で制御可能