蓄積された製造ノウハウを活用してCAMプログラミングを自動化

マクロは、CAM プログラマーの日常のタスクを簡素化します。製造ノウハウを標準化して、加工フィーチャーに自動的に適用することができます。これにより、ボタン 1 つで ツールパスを作成可能です。

マクロは、すべてのツールと特徴的な形状要素の情報 (=認識されたフィーチャー) を含む、一連の加工工程を保存します。そのため、マウスを数回クリックするだけで NC プログラミングを行うことができ、その手間を大幅に削減します。

例えば、穴あけ加工の場合、センタリング、穴あけ、ザグリなどの一連の加工ジョブを含むマクロを作成することができます。このマクロによって、たったの1クリックで様々なタイプの穴に対してプログラミングを行うことができます。

自動化が容易に

NC プログラマーは自動化の水準を自由に設定できます。

最も身近なところでは、フィーチャーテクノロジーが加工領域の指定を支援してくれます。フィーチャーブラウザーは、穴、ポケット、T-スロットを構造的に表示し、その後のプログラミングの自動化を容易にします。

検出されたフィーチャーに対しては、予め登録されたマクロを使用して、手動または完全に自動でプログラミングすることができます。

hyperMILL® AUTOMATION Center は、総合的なプロセスの自動化を迅速かつ確実に進めることができるようにします。

インテリジェントマクロ

hyperMILL® CAM ソフトウェアで提供されるマクロは、以下のようなことを実行できます。各加工工程ごとに、それぞれルールと条件を定義することができます。直径、深さ、オープンポケットまたはクローズポケットなどの図形情報または定義されたルールに従って、加工工程を自動的に割り当てて調整することができます。シンプルな「if-then」のルールに基づいて、マクロの関連部分を有効にします。その結果、マクロを様々なツールパス作成に対して柔軟に適用することができます。

フィーチャー

  • 加工工程をマクロとして保存
  • 事前に定義されたルールに基づいて、それぞれのフィーチャーに加工工程を自動的に割り当て
  • 豊富な加工情報定義と制御オプション
  • ジョブリスト内の加工工程を自動作成


マクロテクノロジー:プレートの穴あけ加工

hyperMILL®のフィーチャー&マクロテクノロジーを利用すると驚くべき速さでプログラミングができることをご存じですか? このビデオを見ると、すべての穴を認識してプログラミングする工程がたった数回のクリックで済むことがわかります。