常に最適な工具を使用

工作機械、工具、NC プログラミングを最適に調和させるためには、関連するすべての加工条件を包括的に管理する CAM システムが必要です。

hyperMILL® の機能豊富な工具データベースを使用すると、ユーザはドリル工具や切削工具から複雑な旋削工具まで、あらゆる種類の工具を管理することができます。すべての工具をバーチャル上で再現し、各種加工条件とリンクさせることができます。

加工の用途に応じて、回転数や送り速度の値を非常に高い精度で制御することができます。また、素材や用途に合った個々の加工条件を保存することができます。製造の基準となる情報もデータベースに保存されているため、プログラマーは誰でも簡単にアクセスできます。メリット:実績のある効率的な工具や加工条件が適用されます。

工具の自動選択

工具管理機能により、適切な加工条件を確実に設定しつつ、工具選択を完全に自動化することができます。マクロは、対応する加工作業に適した工具と加工工程を選択します。
切削工具には、荒加工、中仕上げ加工、仕上げ加工など、さまざまな用途を定義することができます。各工具に特定の素材を対象とした加工条件を割り当てることもできます。マクロを実行すると、製品形状と素材形状が認識され、自動的に適切な加工条件が読み込まれます。統一された工具データを使用することで、企業内の効率性とプロセスの信頼性が大幅に向上します。

特徴

  • プログラミングや工具選択の時間を短縮
  • 信頼できる加工条件により、最適なプロセスを実行可能
  • 工具、ホルダー、クランプ、加工条件を一元的に管理
  • シミュレーションと干渉チェックでは CAM システム内の仮想工具を使用
  • 工具メーカー提供のデータベースに対する幅広いインターフェース

hyperMILL® は、さまざまなメーカーの工具データベースとのインターフェースを提供します。工具データおよび一部の 3D CAD データや加工条件の値を、TDM、Zoller TMS、WinTool、NC Simul Tool、および Cimsource から直接読み込むことができます。hyperMILL® で使用される工具に関する情報は、前述のシステムに再び書き込むことができます。さらに、多くの切削工具メーカーは、加工条件の情報をダウンロードで提供しており、これらを工具データベースに直接インポートすることができます。
hyperMILL® TOOL Builder は、工具やホルダーから 3D データを素早く簡単にインポートし、これらを使用してツールを定義することができます。

VIRTUAL Tool – 工具および加工手法に常に最適

VIRTUAL Toolは、フィーチャー&マクロテクノロジーを使用して、工具を自動選択する際の強力かつ高度なカスタマイズが可能なソリューションです。加工工程は、工具データベース内の既存の工具が自動的に適用されるユーザー定義のルールによって制御されます。ふさわしい工具がない場合は、代替の工具が選択され、それに応じた加工となるように調整されます。

VIRTUAL Tool フィーチャー

  • VIRTUAL Tool は、すべての工具データベースとマクロデータベースからの最適な工具および加工手法を統合します。
  • VIRTUAL Tool は、さまざまな加工パラメータを使用して任意のジョブに最適な工具を判別するだけでなく、加工順序を変更して、シンプルドリル、タッピング、またはらせん加工のどれが処理する素材に最も適しているか決定することもできます。
  • VIRTUAL Tool は、穴、ポケット、T-スロットなどのあらゆる標準形状に対する自動加工に使用できます。
  • 工作機械、工具ホルダー、事前に定義された交換用工具が考慮されます。
  • 工具データベースで作成された新しい工具は、既存の工具よりも加工に適したものであれば、自動的に使用されます。