Navigation

    カスタマイズ・プロセス・フィーチャー - 必要な自動化

    CAMの自動化は、企業の個々の要件に合わせて調整する必要があります。このため、OPEN MINDはhyperMILL® CAMソフトウェア向けに専用のフィーチャー機能を開発しました。カスタマイズ・プロセス・フィーチャー(CPF)

    カスタマイズ・プロセス・フィーチャーは繰り返し行う加工タスクの大部分を自動的に解決する効率的なツールです。この自動化のサポートにより、非常に複雑な加工シーケンスでも簡単かつ迅速にプログラミングできます。これは、2.5D、3D、5軸加工から旋盤加工に至る豊富な加工手法の自由に定義可能なシーケンスをもつ特徴的な形状間のプロセス指向の結合に基づいています

    個別のソリューション - カスタマイズ・プロセス・フィーチャー

    カスタマイズ・プロセス・フィーチャーは、穴またはポケットの標準フィーチャーが十分でない場合に使用されます。CPFは、たとえば、色、名前、形状などで定義されたCADモデルの特定の加工関連情報の収集機能です。hyperMILL® CAMソフトウェアのCPF技術により、個々の要素を手動で選択するだけでなく、選択スクリプトを介して自動的に選択することもできます。要素の色、レイヤー、フレーム、要素タイプなどのさまざまなフィルター条件を選択スクリプトで定義することができます。これらの条件は必要に応じて組み合わせることもできます。

    収集された図形情報は、加工モードおよび加工手法パラメータとリンクされ、必要なツールパスが生成されます。CPFを使用すると、自動化コントローラ(AC)で完全に、もしくは部分的に後で自動で実行されるように、繰り返し行われるプログラミングの作業ステップを非常に効率よく組み合わせることができます。

    社内標準のための自動化

    プロセスカスタマイズ機能では、同じような形状のための社内標準を定義することができ、これによってさらに多くのプログラミングのプロセスを自動化できます。確立されたワークフローは、テクノロジーマクロとして保存され、類似の加工タスクにも利用できます。エラーなしで生成されたCPFは、提供されたすべての部品の形状とその相似形状に対して機能します。


    CPFフィーチャー

    • CPFは、すべてのシリーズ製品、繰り返しの加工に理想的で安全です。
    • 2.5D、3D、5軸加工および旋削加工に適用できます。
    • CPFは、非常に柔軟に使用できます。
    • CPFは、NCプログラミング知識を他のタスクに利用できます。
    • 数年後でも高い互換性を維持します。