Navigation

    2.5D穴あけ加工から5軸穴あけ加工まで

    hyperMILL® CAMソフトウェアによる穴あけ加工:フィーチャー/マクロ機能を組み合わせることで、包括的な加工手法と機能が効率的なプログラミングを可能にします。それぞれの穴が確実にフィーチャーとして認識されます。NCプログラミングは、手動または自動で実行できます。

    穴あけ加工 | CAMソフトウェア

    2D穴あけ加工から5軸穴あけ加工まで

    穴あけ加工の種類に関わらず、hyperMILL® は常に適切なサイクルを提供します。これは、チップブレークを使用するセンタリングや穴あけ加工のような単純なものから、さまざまなステップ穴や交差穴のような複雑な深い穴の加工まで用意しています。

    フィーチャーとマクロにより、NCプログラミングが容易になります。

    高度なフィーチャー/マクロ技術により、hyperMILL® CAMソフトウェアを使用すれば、さまざまな方向にある数百という穴の、複雑な穴あけ加工ジョブを簡単に実行できます。NCプログラミングは簡単かつ非常に便利になります:いつでもドリル穴を確実に認識することができます。すべてのタイプの穴が一覧で分かりやすく表示されます。これらは、手動または機械加工マクロのサポートによって、確実かつ迅速にプログラムすることができます。ドリル穴のプログラミングも完全自動化することができます。

    その他の利便性

    5軸のパイオニアOPEN MINDのこれまでの長きにわたる専門技術は、多軸加工分野に特に適しています。さまざまな工具軸方向からの穴あけジョブを、最適な早送り移動を使用して1回の操作で簡単に組み合わせることができます。リンクジョブ機能により、任意の数の穴あけジョブを加工対象に近接させながらリンクすることができます。これにより補助的な加工処理時間が大幅に短縮されます。5軸ヘリカル穴あけ加工は、らせん加工とヘリカル穴あけ加工に加えて、hyperMILL® が提供するもうひとつの特別な5軸加工手法で、素材に対して工具の切り込みが高速で行われるので非常に経済的に工具を使用できます。


    穴あけ加工フィーチャー

    • 単純な穴と複雑な穴の確実なフィーチャー認識
    • 製品上のドリル穴間の最適な早送り移動
    • 干渉チェック済みの加工
    • すべての2.5Dサイクルは、3+2多軸加工にも使用できます
    • 2.5Dサイクル:

      • センタリング
      • シンプルドリル
      • 高速深穴サイクル
      • リーマとファインボーリング
      • タッピング
      • らせん加工
      • 深穴最適化加工

    • 5Xヘリカル穴あけ加工

    穴あけ加工の詳細

    5X穴あけ加工

    5X穴あけ加工

    5軸穴あけ加工機能により、工具角度の異なる穴あけジョブを1回の操作で簡単かつ迅速に自動的にプログラムすることができます。自動化された機能で工具位置を計算します。穴へのリード点が全てリンクされ、ツールパスは最適化され、干渉チェックが行われます。干渉を検出した場合、自動的に干渉の発生しない平面まで移動します。

    利点

    • 調和した一定のツールパス
    • 加工時間の短縮

    5Xヘリカル穴あけ加工

    OPEN MINDによって特許取得されたヘリカル穴あけ加工サイクルは、トリック工具でらせん状のチルト加工を可能にします。加工は、同時5軸の動きでエンドミルまたはブルノーズの工具先端を使用して行われます。5軸加工の工具位置は、加工機のスピンドルの負荷を軽減します。切削工具は、常に素材上に理想的コンタクトポイントとなり切削抵抗を最小限にします。5Xヘリカル穴あけ加工はセンタリング以外の切削工具にも適合します。深いキャビティ形状の荒加工時における前加工となる下穴加工の作成に適しています。切屑はキャビティから安全に除去されます。

    利点

    • 下穴処理の必要はありません。
    • 工具の迅速かつ効率的な素材アプローチ
    • 特に工具負荷を軽減する加工

    深穴最適化加工

    5X深穴最適化加工

    複数のステップで加工される複雑な深い穴あけ加工や交差穴は、hyperMILL® CAMソフトウェアを使って確実にプログラミングできます。送り速度、スピンドルの回転数、およびクーラントは、異なるエリアや、ガイドブッシュ、下穴、交差穴などの図形要素によって個別に制御できます。また、指定のストックモデルに存在する交差穴も自動的に認識します。これは、工具の破損を防ぐのに役立ちます。

    メリット

    • 簡単かつ確実なプログラミングを実現
    • 送り速度の局所的な調整