Navigation

    最大(MAXX)の効果を発揮する穴あけ加工

    目的:工具の負荷を軽減する効率的な動作により、円形ポケットから素材を可能な限り大きく切削します。 ソリューション:5Xヘリカル穴あけ加工。

    穴あけ加工 | hyperMILL MAXX Machining

    独創的な発想:5軸ヘリカル穴あけ加工では、傾斜させたヘリカル切削を行います。切削工具は切削方向に対して傾斜した状態になります。穴の側面との干渉は次の傾斜によって回避されます。この手法は、深いキャビティ形状の荒加工時における前加工となるオープンカットを作成するのに特に適しています。素材は、円形ポケットから効率性に優れながらも工具に負荷をかけずに除去されていきます。この同時5軸加工手法により、センタリング以外の切削工具も使用可能です。素材に対する工具の切り込みは迅速に行われ、下穴処理は不要です。

    「これほど短時間で素材から多くの切屑を排出できる手法は他にありません同時5軸加工の素晴らしい点を他にも挙げるとすると、それは非常にシンプルな作業に見えることです。」

    Dr.ジョセフ・コッホ、OPEN MIND Technologies AG社最高技術責任者

    穴あけ加工 | 最大の安全性

    最大限の安全性を提供する完全自動の干渉回避機能

    機能

    • 高速かつ効率性に優れた材料切削(特に、難削材)。
    • 大径工具を使用して、下穴用の深い穴あけ加工を行うのに最適。
    • 下穴処理は不要。
    • 工具への負荷の軽減。
    • ドリル穴が深い場合でも切屑を安全に除去。
    • センタリング用以外の切削工具にも適合。
    • ドリル穴のプログラミングと同じくらい簡単な手法

    hyperMILL® MAXX Machiningの穴あけ加工モジュールの詳細

    リード角

    穴あけ加工 | リード角

    従来の3D加工とは異なり、リード角がによりセンタリング用以外の切削工具の使用にも対応

    自動ピッチ調整

    穴あけ加工 | 自動ピッチ調整

    干渉発生時には、工具干渉がなくなるまでピッチを自動調整

    GROB G550 および Mikron XSM 600U LP 工作機械でのhyperMILL® MAXX Machining

    目的:工具の負荷を軽減する効率的な動作により、円形ポケットから素材を可能な限り大きく切削すること。
    ソリューション:5Xヘリカル穴あけ加工。