最大(MAXX)の効果を発揮する穴あけ加工

タスク:工具の負荷を軽減する効率的な動作により、円形ポケットから可能な限り多くの素材を切削除去します。

ソリューション:革新的な穴あけ手法を採用した5Xヘリカル穴あけ加工。

穴あけ加工モジュールは実に優れており、5Xヘリカル穴あけ加工では工具を傾斜させながらヘリカル切削を行います。工具は切削方向に傾斜した状態になり、穴の側面との干渉は傾斜角度の連続した変化によって回避されます。

この手法は、深いキャビティの荒加工にも適しています。しかも、下穴処理は不要です。非常に高い効率を保ちつつ工具にも負荷をかけずに、円形ポケットから素材が除去されていきます。この同時5軸加工手法では、一般的な穴あけ用以外の切削工具を使用できます。

「これほど短時間で素材から大量の切屑を除去できる手法は他にありません。さらに素晴らしいのは、こういった同時5軸での加工を非常にシンプルな作業で実現している点です。」

Dr.ジョセフ・コッホ、OPEN MIND Technologies AG最高技術責任者

特長

  • 特に難削材に対して効果を発揮する、高速かつ効率性に優れたプランジ動作
  • 大径工具で深い穴あけ加工を行うのに最適
  • 下穴処理は不要
  • 工具負荷の軽減
  • ドリル穴が深い場合でも切屑を安全に除去
  • 簡単なプログラミング
  • 一般的な穴あけ用以外の切削工具を使用可能

hyperMILL® MAXX Machiningの穴あけ加工モジュールの詳細

リード角リード角

従来の3D加工とは異なり、リード角をとることで一般的な穴あけ工具ではなくエンドミルやブルノーズを使用可能。

自動ピッチ調整自動ピッチ調整

パス計算時に干渉発生を察知すると、工具干渉が確実になくなるまでピッチを自動調整。


GROB G550およびMikron XSM 600U LP
両工作機械でのhyperMILL® MAXX Machining

タスク:工具の負荷を軽減する効率的な動作により、円形ポケットから可能な限り多くの素材を切削除去します。 ソリューション:5Xヘリカル穴あけ加工。