旋削加工のパフォーマンス強化

無類のパフォーマンスを支えるパートナーシップ:OPEN MINDはVandurit(バンデュリット)社と共同で、革新的なrollfeed®旋削加工プロセスに完璧に適応させたCAM手法を開発しました。非常に大きなRの切れ刃を使用できるため、加工時間を大幅に短縮できるようになりました。

Vandurit(バンデュリット)社の新しいrollfeed®旋削ローリングインサートと、それに完璧に適応させたhyperMILL® rollfeed®旋削加工手法により、極めて短時間で仕上げ加工を行ことができます。この旋削加工手法では、インサートを旋回させながら加工対象を削り出すことで任意の輪郭形状を得ることができます。R17~19の大きな切れ刃を使用できるので、従来の一般的なインサートと比べて、はるかに速い送り速度と切削速度で、きれいな加工面に仕上げることができます。


rollfeed®インデックス対応インサート

-少ないほど良いという場合がある-仕上げ加工に必要となるのは、2種類の形状のrollfeed®専用インサートだけです。Tインサートはポケット部など壁に囲まれた領域の加工に適し、Xインサートは比較的オープンな領域の加工に適します。

速い送り速度と高い面品位の両立

rollfeed®インデックス対応インサートは、R0.4またはR0.8の切れ刃を使う従来のインサートと比較して、速い送り速度でありながら、著しく高い面品位を実現します。切削の条件が良くなるので、rollfeed®工具の寿命も3~5倍に延びます。

機能

  • 高い加工効率
  • より良い加工面を生成
  • 容易なプログラミング
  • 工具交換回数の削減
  • アンダーカット部の加工にも対応する回転動作
  • 工具の寿命を3~5倍に延長

適用範囲

  • あらゆる素材を加工可能
  • 特殊な専用インサートを使用
  • 内径と外径の両方の加工が可能
  • 端面、円筒面、凹および凸面、傾斜部、溝部などさまざまな箇所の加工に対応

Flyer

mill-turn: rollfeed | download

hyperMILL® MILL-TURN Machining

Vandurit社によるrollFEED®旋削加工。旋削加工の効率を向上。


PDF | 1.2 MB