最大(MAXX)のハイパフォーマンス切削加工

このパッケージは、スパイラル状やトロコイド状の加工動作に対応したHPC(ハイパフォーマンス加工)向けの優れたソリューションを提供します。加工パスの最適化、最大限の素材除去、最短時間での加工などさまざまな効果を発揮します。

荒加工モジュールは、スパイラル状およびトロコイド状のツールパスを生成するための強力なパッケージです。素材切削率を大幅に高め、極めて高速な加工を可能にします。同時に、工具や工作機械への負荷も軽減します。さらに、2.5D、3D、5 軸加工のプログラミングにおいて、最大限の自由度が与えられます。包括的な5軸HPCパッケージにより、スパイラル状やトロコイド状のツールパスを曲面上にも作成できます。

「工具の寿命が500パーセントも延びました。当社があらゆる加工にhyperMILL® MAXX Machiningを採用しているのは、これが理由です。これこそベストな選択です」

ローランド・マシュケ氏、Werkzeugbau Gebr. Kemmerich GmbH & Co. KG社 CNCプログラマー

機能

  • 2.5D、3D、および同時5軸加工の各手法で使用可能なスパイラル状およびトロコイド状のツールパス
  • 切削状況に応じて自動で適宜調整される送り速度
  • 高速モードでのスピーディーな再位置決め動作
  • フルカットや工具進行方向の急激な変化を回避
  • 3D加工時における適切なツールパス種別の切り分け
  • 高硬度材を対象とした効率の良い切削
  • 加工パラメータの適切なコントロール
  • 確かな実績を誇るCeleritive®社のHPCテクノロジーを採用

hyperMILL® MAXX Machiningの荒加工モジュールの詳細

加工時間を最大(MAXX)に短縮加工時間を最大(MAXX)に短縮

hyperMILL® MAXX Machiningは、従来の荒加工と比較して、加工時間を大幅に削減します。スパイラル状とトロコイド状のツールパスを適切に振り分けて配置することで、非常に効率の良い素材切削が可能になります。

工具寿命の最大(MAXX)化工具寿命の最大(MAXX)化

hyperMILL® MAXX Machiningは、工具のフルカットを回避します。工具にかかる負荷が軽減され、特に高硬度材の加工において工具寿命が大幅に延びます。

送り速度のインテリジェンス制御送り速度のインテリジェンス制御

コーナー部周辺における切削状況を解析し、ツールパスの送り速度を自動的に調整します。

最大(MAXX)の素材除去率最大(MAXX)の素材除去率

hyperMILL® MAXX Machiningでは、アプローチ中やプランジング、平面切削などの様々な状況に応じて変化する送り速度に対して、最小値と最大値をそれぞれ定義できます。

インテリジェントな断面分割インテリジェントな断面分割

hyperMILL® MAXX Machiningは、各断面における加工状況を自動的に認識し、加工を最適に調整します。切削素材は、最大の切り込み量で除去され、そこで削り残った箇所は、指定したステップ高さに応じて下から上へ駆け上がりながら追加で加工されます。


DMG HSC 75 LinearでhyperMILL® MAXX Machiningを使用したHPC(ハイパフォーマンス加工)のデモ。

5Xヘリカル穴あけ加工による高効率荒加工と荒加工用ハイパフォーマンス加工モジュール。