Navigation

    CNC機械での加工対象の効率的な計測

    CNC加工機に内蔵されているプロセス測定により、加工と品質管理の完全なリンクが実現できます。hyperMILL® CAMソフトウェアは、ユーザーが工作機械上で簡単かつ便利に計測を実行できるように、さまざまなプロービングサイクルを提供します。

    加工対象の測定 | CAMソフトウェア

    CNC工作機械で実行されるプロービングにより、製造プロセスにおいて中断することなく製造エラーを早期に検出することができます。内蔵されているプロセス品質管理によって、余計な時間を要する段取りやインストールの手間を省くことができます。企業にとってのメリット:ムダの削減時間の節約競争力の向上さらに、品質管理が加工と同時進行しているということが、製造プロセスの自動化にとって非常に重要となります。

    CAMソフトウェアによるプロービング

    プロービングはNCプログラミングの段階から開始します。hyperMILL® CAMソフトウェアは、従来の工具と同じ方法でタッチプローブを定義します。工具で切削サイクルが利用できるのと同じように、hyperMILL®は、NCコードに完全に統合されたタッチプローブ向けのプロービングサイクルを素早く簡単にプログラミングできます。OPEN MINDは、すべての2Dプロービングサイクルで使用可能な加工対象を計測するための3つの加工手法を開発しました。

    • 座標設定
    • 測定と調整
    • プロービング/コンポーネントの検査

    OPEN MINDは、NC加工プロセス全体の測定ソリューションを設計しました。これは、タッチプローブシステムで原点を設定する場合に加工対象を設定することから始まります。NC加工時の加工対象の測定により、早期に製造エラーを検出し対応することができます。例えば、荒加工または中仕上げ加工の後で寸法精度の誤差が識別された場合、その後の加工プロセスでそれに応じて適合させることができる。したがって、加工サイクル内に組み込まれたプロービングサイクルによって自由にプロセス制御が行えます。

    NCコードにおけるプロービングサイクル

    hyperMILL® CAMソフトウェアは、3軸および5軸の工作機械に対して合計4つのプロービングサイクルを備えています。

    • 長方形要素の計測
    • 円形要素の計測
    • 軸に依存するプロービング
    • 3D点のプロービング

    すべてのプロービングサイクルはNCコードに完全に統合されます。ポストプロセッサは出力されたコードをプローブまたは制御システムの言語に変換します。hyperMILL® プロービングサイクルを使用する前に、ポストプロセッサの調整が必要です。コントローラで各制御サイクルが起動すると、工作機械が測定結果を記録します。

    プロービング、OPEN MINDのポストプロセッサがどのコントローラをサポートしているか等のご質問は

    お近くの OPEN MIND代理店にお問い合せください。

    プロービングに関連するビデオ

    プロービングの機能

    • 原点の定義:コンポーネントの原点をすばやく確実に定義することができ、ある角度で5軸工作機械の原点を設定することもできます。
    • 軸に平行な計測、長方形と円形の要素の計測、任意の3D点の計測
    • タッチプローブはすべてのサイクルでhyperMILL®の工具のように簡単にプログラム可能
    • プロービングは3軸と5軸の両方の工作機械をサポート

     

    • タッチプローブのすべての動きで干渉をチェック
    • 情報プロセス制御:モデル要素ごとに計測データを生成し、コントローラからその情報に容易にアクセスできます。
    • アクティブプロセス制御:プロービングサイクルの統合により、加工プロセスを自由に制御することができます。例えば、工具の直径または長さに偏差が生じていた場合、後工程の加工で対応することができます。

    メリット

    • 統合されたプロセス測定
    • 加工対象のプロパティをチェックする精度保証プロセスの高速化
    • 誤差の回避

    重要: プロービングには、測定サイクルに対応したポストプロセッサが必要です。