ミルターンモジュール

ミルターン機能は、1回の設定で効率的なオールインワン加工が行えるように設計されています。MILL-TURN MachiningモジュールはhyperMILL® CAMソフトウェアに完全に統合されているので、単一のユーザーインターフェースですべての切削加工および旋削加工が行えます。

複合加工機は2種類の加工技術を連携させる非常に優れたCNC工作機械といえます。メリット:ミルターン加工機の1回の設定で切削加工と旋削加工を行えます。これは非常に複雑な加工対象でも完全に加工できることを意味します。CNCプログラミングでは、ミルターン、すなわち切削加工と旋削加工の組合せによる加工がますます重要になっています。

NC工作機械でのオールインワン加工

ミルターンは、例えば、加工対象が回転対称の外径プロファイルを有する製品を切削加工するような場合に大きな可能性を秘めています。1台の工作機械でのオールインワン加工のおかげで、2台目のマシンで部品を再度クランプする必要はありません。加工時間が短縮し、より高い精度を達成できます。一般に、ミルターンは製造プロセスのコスト効率を向上させます。

hyperMILL® MILL-TURN Machining

hyperMILL® CAM ソフトウェアのミルターンモジュールによる旋削加工: ベーシックからアドバンスまで

Please accept cookies

Please enable cookies to view this content

Enable cookies

 

「受け渡し」ジョブによるメイン&カウンタースピンドル加工

hyperMILL® では、メイン&カウンタースピンドルを持つ一部の工作機械*を対象に、両主軸を跨いでの加工をサポートしました。「メインスピンドル」コンテナと「カウンタースピンドル」コンテナの下でそれぞれジョブを作成し、各主軸での加工に割り当てることができるようになりました。突切りの有無にかかわらず、ワークまたはバー素材は、新設された「受け渡し」ジョブにより反対側のスピンドルに受け渡されます。メイン&カウンターの両スピンドルでの加工、および製品の受け渡し動作の一連のプログラムは、加工機モデルと専用ポストプロセッサーを介して一つの NC データとして出力されます。

*DMG MORI CTX タイプの工作機械は、リリース 2022.1 以降でサポートされています。今後、サポート対象にはさらに多くのメーカーの製品やマシンタイプが含まれていく予定です。

切削と旋盤加工を1つのCAMユーザーインターフェースで

2種類の加工作業(旋削加工および切削加工)の複雑さは、NCプログラミングに高度な要求を突きつけます。したがって、CAMソフトウェアは、安全かつ効率的な作業を可能にする必要があります。

ミルターンはhyperMILL® CAMソフトウェアに完全に統合されています。ユーザーは、1つのユーザーインターフェースで、2.5D、3D、および5軸のすべての切削加工手法と、同じようにミルターン加工手法を使用することができます。MILL-TURN Machining ミルターンモジュールを使用して、すべての旋削加工と切削加工の手法を自由に組み合わせることができるため、hyperMILL®で非常に高度なミル/ターン向けタスクをプログラムすることができます。これは、可能な限り最良の加工方法を選択する際に、NCプログラマーが非常に柔軟に対応できることを意味します。

hyperMILL® に完全に統合された MILL-TURN Machining モジュールのもう1つの利点は、工具データベース、ストック追跡、干渉チェック機能およびポストプロセッサを、すべての切削加工および旋削加工で共通に使用できることです。

 

特殊な 傾斜軸同期旋削

傾斜 軸を備えた複合加工機は、特殊な旋削加工手法でこそ更なるメリットを生み出せます。この付加軸を活用してパフォーマンスをフルに発揮しましょう。

 –

同時 3 軸旋削加工

hyperMILL® MILL-TURN Machining は、同時 3 軸での荒加工と仕上げ加工を簡単にプログラミングできる CAM 手法を提供します。

同時 3 軸旋削加工の詳細
 –

rollFEED® 旋削加工

OPEN MIND は Vandurit (バンデュリット) 社と共同で、革新的な rollfeed® 旋削加工プロセスに完璧に適応させた 加工手法を開発しました。

rollfeed® の詳細

ハイパフォーマンス旋削加工

優れたアルゴリズムにより、トロコイド状のツールパスを計算します。各パス間は理想的に接続され、アプローチとリトラクトの動作も最適となるよう調整されます。送りが最適化され、最大の速度が得られます。 加工パターンとして、一方向もしくはジグザグのいずれか、加えて直線動作もしくはランプ動作のいずれかを、それぞれ選択可能です。加工内容に応じて、インサートは常に最大限に活用されます。

 


メリット

  • プログラミング環境の変更不要。
  • 精度の向上と段取り時間の短縮。
  • 簡単な工具管理。
  • 1つのNCプログラムでの旋削加工と切削加工:ポストプロセッサは、旋削加工および切削加工作業に使用されます。
  • すべてのサイクルおよびコンポーネント全体の干渉回避。
  • すべての切削・旋削作業にわたるストック追跡が可能:ストック追跡はすべての旋削/切削作業にわたって計算されます。

機能

  • 複合加工タスク用の単一プログラミング加工環境。
  • 複雑な5軸プロジェクトにいたるプログラミングへも柔軟に対応できる多彩な複合加工手法。
  • 旋削/切削/穿孔工具に対応する単一の共有工具データベースにより、標準化された工具管理を実現。
  • 工作機械、コントローラ、各種部品に個別に対応するNCプログラムを、一つのポストプロセッサーで旋削/切削加工用のNCコードを生成します。
  • 簡単な工具定義:ISOまたはANSIコードによるインサートの定義

その他の動画:ミルターン加工向け CAM ソフトウェア

Please accept cookies

Please enable cookies to view this content

Enable cookies

hyperMILL® MILL-TURN Machining: 複合加工デモ
hyperMILL® MILL-TURN Machining: ハイパフォーマンス旋削加工の事例
hyperMILL® MILL-TURN Machining: 航空・宇宙機器 – エンジンケース
hyperMILL® MILL-TURN Machining: 複合加工デモ

この動画では、CERATIZIT 社協力の下での複合加工のデモをご覧いただけます。この加工では DMG MORI CTX1250 が使用され、hyperMILL® の新機能「受け渡し」ジョブを用いたメインスピンドルからカウンタースピンドルへのワーク受け渡し動作を含みます。穴あけ加工、旋削加工から 5 軸加工までの多様なオペレーションを紹介しています。

hyperMILL® MILL-TURN Machining: ハイパフォーマンス旋削加工の事例

この動画では、CERATIZIT 社協力の下でのハイパフォーマンス 旋削加工のデモを紹介しており、その優れた効率と柔軟性を分かりやすく伝えています。外径旋削加工、端面旋削加工、あらゆる種類の溝加工、内径旋削加工に活用できます。余計なプログラミング作業は必要ありません。

hyperMILL® MILL-TURN Machining: 航空・宇宙機器 – エンジンケース

この動画では、Hermle 社製 C42 MT U dynamic による航空宇宙産業向けエンジンケースの加工をご覧いただけます。プログラミングには、hyperMILL® MAXX Machining パッケージによるハイパフォーマンス旋削および切削の各種加工を交えた、 hyperMILL MILL-TURN Machining が用いられています。

 
mobile-s mobile-m mobile-l tablet desktop-s desktop-m desktop-l desktop-xl