Navigation

    rollFEED®旋削加工による高効率旋削加工

    OPEN MINDは、Vandurit社が開発したrollFEED®旋削テクノロジーに完璧に適応させたhyperMILL® rollFEED®旋削加工手法を提供します。工具メーカーとCAMプロバイダが強力なタッグを組んだことで、革新的なCNC旋削加工ソリューションが誕生し、圧倒的な加工時間の短縮、工具摩耗の低減、高い信頼性を実現します。

    rollfeed turning

    最短時間で完璧な仕上げ加工を実現 – このアプローチを追求する中で、Vandurit社は先駆的なrollFEED®旋削テクノロジーの開発に成功しました。この極めて効率性に優れた加工技術により、かつてない高速の旋削加工を実現します。このユニークな3軸旋削加工手法では、工具の切れ刃を旋回させながら加工対象の形状を削り出すことで任意の輪郭を旋削することができます。この切削動作はチルト軸の水平回転をX軸とZ軸で同時に補正することによって生み出されます。rollFEED®旋削加工は、あらゆる一般的な素材とそれに対応する切削素材に利用できます。

    干渉チェック機能

    OPEN MINDはVandurit社との協力の下、この革新的な旋削加工法をサポートする専用CAMテクノロジーを開発しました。hyperMILL® rollFEED®旋削加工手法は、Vandurit社が開発した3種類のrollFEED®旋削加工コンポーネントをフルサポートしています。コンポーネントは、インサート、ツール システム、第3軸のない旋盤に取り付けるドライブユニットで構成されています。旋削加工を簡単にプログラムでき、不要な工具交換がなくなります。これにより、工具の使用量や種類を減らすことができます。旋削加工全体にわたって完全に干渉がチェックされます。プログラミングとシミュレーションにおいて、工具や工具ホルダーの形状とそれらの動きを含めた、rollFEED®旋削加工プロセス全体が対象となります。

    hyperMILL mill-turn machining
    hyperMILL rollFEED Turning

    適用: 1本の工具のみによる溝加工

    rollFEED®旋削加工では、切削工具を交換することなく1つの連続した動作で溝を加工できます。hyperMILL®のCAMシステムの機能により、切削工具は円筒面に沿って最初から次の面まで自動的にガイドされます。回転動作と旋回動作を適切に組み合わせることで、半径の大きな素材であっても干渉をチェックしながら加工が可能です。これにより加工全体の信頼性が向上します。


    Vandurit社のWebサイトでその他の動画もご覧いただけます


    特長

    • 高効率な加工プロセス
    • 継ぎ目のない高品質な加工面(要求に応じて)
    • 容易なプログラミング
    • 工具交換回数の削減
    • アンダーカット部もロール動作により同時に加工
    • 既存の工作機械のアップグレードが可能

    適用範囲

    • あらゆる素材を加工可能
    • あらゆる切削素材を使用可能
    • 内径と外径両方の加工が可能
    • 平面、シリンダー、凹凸面、傾斜、溝などさまざまなタイプの加工に対応

    mill-turn: rollfeed | download

    hyperMILL® MILL-TURN Machining

    Vandurit社によるrollFEED®旋削加工。旋削加工の効率を向上。
    PDF | 1.2 MB | 2017


    hyperMILL® rollFEED旋削加工 | パンフレット


    rollFEED®旋削加工コンポーネント

    rollFEED®インサート

    どのような3軸旋削加工でも、必要なのは2種類の形状のrollFEED®インサートだけです。この独自のインサート形状と、hyperMILL® rollFEED®旋削加工を使用することで1回の動きで、製品の最大3面を旋削することができます。

    インサート | rollfeed Turning

    QuickChangeツール システム

    QuickChangeツール システム | rollfeed Turning

    QuickChangeツール システムもrollFEED®コンポーネントの1つです。この独自のrollFEED®インサートを保持するために特別に開発された台座が採用されています。

    rollFEED®ドライブユニット

    rollFEED®ドライブユニットは、旋盤のタレットに第3軸として取り付けられ、回転軸の役割を果たします。チルト軸をもつ複合加工機では、rollFEED®ドライブユニットは必要ありません。

    ドライブユニット | rollfeed Turning