Navigation

    効率的なNCシミュレーションと詳細な解析

    OPEN MINDは、製造プロセスを事前にシミュレート、解析するためにhyperMILL® VIRTUAL Machining Centerを開発しました。これにより、エラーや非効率なオペレーションを防止できます。

    VIRTUAL Machining Center | NCシミュレーション

    工作機械の動作のシミュレーションは、ポストプロセッサの実行前におこなわれることが一般的です。その場合はポストプロセッサとシミュレーションに関連はなく、実際の加工状況を完全にシミュレートすることができません。
    このため、OPEN MINDは、hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerを提供することでこの問題点を克服し、大きな一歩を踏み出しました。OPEN MINDが提供する極めて効率的で信頼性の高いNCシミュレーション・ソリューションは、ポストプロセッサの実行後のNCコードに基づいているので、実際の工作機械の動きに完全に対応します。コードは、早送り動作も含めて、1行ずつシミュレーションされます。このNCコードベースの工作機械シミュレーションが信頼性の高い干渉検出を保証します。アプローチ位置プロセスの安全性と効率性が大幅に向上します。


    最大限の安全性を提供するシミュレーション

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは、極めて直感的なユーザーインターフェースで、従来のシミュレーションが持つすべてのオプション機能を提供しています。工作機械のシミュレーションは正確に定義された工作機械モデルに基づいておこなわれ、その際には素材や切削工具とともに工具ホルダーや冶具、クランプなども含みます。各軸をマニュアルで動かしながらシミュレーションすることができ、可能性のある干渉とリミットスイッチの可動域を自動的に検出することも可能です。各加工ステップを個別にシミュレートしたり、シミュレーションの開始点として使用することもできます。このシミュレーションは、工作機械の段取り前に各動作をチェックするので、hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは加工の最大限の安全性を実現します。


    NCプログラムの詳細な解析

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは、効率的なシミュレーションに加え、包括的な解析機能もサポートしています。それぞれの加工状況を詳細に調べることができます。ベストフィット機能を使うと切削範囲を確実にチェックできます。使用可能なワークスペースにおいて加工ワークの最適な配置位置を自動的に計算します。これにより、実際での不要な段取り替えやそれに係る無稼働時間とは無縁になります。
    各種の技術的なチャートが、機械加工プログラムの品質に関する有益な情報を提供します。CNCプログラマは、各軸の動きや送り速度、スピンドル回転数をいつでも確認できます。これは、エラーや非効率的な稼働を防止するのに役立ちます。このように、解析機能は安全性と透明性をさらに高めます。


    機能

    • NCコードに基づいたシミュレーション
    • NCブロックとhyperMILL®ジョブの双方向のリンクにより、各加工ジョブの迅速な比較が可能
    • 早送り動作を含むすべての動作の完全なシミュレーション
    • シミュレーションから独立して干渉チェックだけを迅速に実行可能
    • 加工ワークと冶具の対話形式での配置
    • バーチャルな工作機械のマニュアルでの動作
    • 工具先端点制御あり/なしに対応した加工開始点へのアプローチ動作
    • 軸のリミットの表示
    • 包括的な解析機能
    • プログラムされたデータムと実際の工作機械構造における工具との迅速な比較

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerの解析機能の詳細

    ワークスペースのモニタリング

    登録された工作機械モデルに基づいて、2.5D、3D、3+2または同時5軸加工における動作によりオーバートラベルになってしまうかどうかをチェックします。直線軸(X、Y、Z)と回転軸(A、B、C)の両方の動きがチェックされ、同時にクランプや冶具も含まれます。

    Workingspace | VIRTUAL Machining Center

    停止位置の設定

    きわどい点を確実に確認し、その後のプロセスをより正確に評価するために、シミュレーションを特定の位置で停止するように制御することができます。停止点は、工具交換や早送りから切削への切り替わりなどの特定の条件下で自動的に作成されます。さらに、停止点は、NCブロックラインを使用して手動で選択することも、ツールパス上の任意のポイントからピックアップすることもできます。

    表示の調整

    simulation area all | VIRTUAL Machining Center
    simulation area limited | VIRTUAL Machining Center


    工作機械の各パーツの表示・非表示を調整して、シミュレーションの表示を最適化できます。「ヘッドとテーブル」などプリセット済みの工作機械の表示については、ボタンを押して呼び出すことができます。

    安全なワークスペースの解析

    独自のベストフィット機能が、加工オペレーションにとって最適な配置を利用可能なワークスペース内でおこなってくれます。ワークスペース・モニタリング機能では、加工には未だ十分なワークスペースがあるにも関わらず、オーバートラベルになってしまうケースを確認することができます。この場合、ベストフィット機能が、最適なワークスペースの位置を自動的に決めてくれます。これにより、不要な段取り替えとそのための無稼働時間とは無縁になります。