Navigation

    多軸加工時のNCコードの最適化

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、多軸加工において干渉のない軸方向の最適なソリューションを自動的に選択します。強力な最適化アルゴリズムにより、工作機械の動きを効率的で安全なものにします。

    VIRTUAL Machining Optimizer | NCシミュレーション

    多軸加工時の軸方向には、複数の解決策があります。加工品質と効率は、選択した解決策に大きく左右されます。多軸加工では、ユーザーが特定の位置でマニュアルで軸の向きを設定すると、複雑すぎて最良の軸方向を決定できないことがよくあります。


    多軸位置決めにおける解決策の自動選択

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、ポストプロセッサ実行中に、干渉のない軸方向の最適なソリューションを自動的に選択します。このとき、機械の動きやユーザー固有の特性が考慮された干渉回避がOptimizerで実行されます。これにより、プログラムエラーやその後の加工プログラムの編集作業を回避できます。hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerの利用により、その工作機械に最適で干渉のない加工が保証されます。


    再位置決めの回避

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、各オペレーションだけでなく加工シーケンス全体を解析します。この解析に基づいて、対象の工作機械のリミット内でシーケンス全体をまとめて加工を可能とする理想的な解決策を選択します。これにより、時間のかかる再位置決めとリトラクト動作を回避します。


    機能

    • 多軸位置決めにおける解決策の自動選択
    • 最適化された動作
    • 個別のコンフィグオプション
    • プロセスの信頼性

    hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerの詳細 

    動作の最適化

    干渉が検出され、3軸動作が不可能な場合、Optimizerは第4軸もしくは第5軸による動きを使用するように変更します。この例では、スピンドルのアタッチメント部のパーツが干渉します。そのため、C軸を回転させて干渉を発生させずに加工をおこなえるようにしてくれます。

    干渉発生 | Virtual Machining Optimizer
    Optimizerなしの場合:干渉発生
    干渉フリー | Virtual Machining Optimizer
    Optimizerありの場合:干渉フリー

    正確な加工

    Optimizerは常に工作機械の特性から独立して、ツールパスに自動的に追加の中間点を作成します。これにより、位相反転が発生する付近においても正確な加工がおこなわれるように機械の動きを滑らかにしてくれます。

    最適化された動作

    各オペレーション間の動作は、工作機械それぞれの動作特性に完全に一致します。同時に、再位置決め時の大きな補正動作は回避されます。各回転軸は最短経路で移動し、各直線軸の動きは最小化されます。これにより、移動中の速度をより高速にすることができます。