hyperMILL® CAMソフトウェア:
2022.1 の新機能

hyperMILL® 2022.1 では、多くの領域で重要な改善が加えられました。

例えば2D 機能では、ポケット加工にパス補正、輪郭加工に自動糸面取りが、それぞれ新しいオプションとして加わり、余計なプログラミング作業が不要となりました。また、ラジアル加工やチューブ加工といった 5 軸加工機能では、これまで以上に優れた面品位が得られるようになりました。

パンフレット

CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2022.1 | としてダウンロード

hyperMILL® バージョン 2022.1.

hyperMILL®バージョン 2022.1:新機能


PDF | 2.6 MB


3D 平面加工

  • 加工手法が完全に自動化され、状況に応じて適切で効率的なパスレイアウトを導き出してくれます。また今回の改善により、標準ポケットも考慮されるようになりました。
  • 選択された退避サーフェイスにより、特定の切削領域を手動で簡単に除外できるようになりました。
  • 「 最小ポケットサイズ」パラメータを使用すると、定義された値を下回る切削領域 (ポケットと穴) を計算から自動的に除外できます。
  • アプローチ位置を指定できるようになりました。


メリット: 加工品質の向上、さまざまな最適化オプションを提供。


5 軸ラジアル加工

一層の改善が図られ、ブロー成型金型加工にとってより最適なものとなりました。

  • 新しい切削パターン「フロー 3 D」により、垂直に近いサーフェイスのような加工が難しい箇所に対しても、一定ピッチでツールパスを作成できるようになったことで、一つの工程でサーフェイス全体の加工が行えます。シームレスな加工により非常に高い面品位が保証されます。
  • アンダーカット部の処理方法が刷新され、対象箇所を自動的に検出し、必要に応じて調整を図れるようになりました。これにより、マニュアル操作なしでアンダーカット部のパスを省略でき、サーフェイスを追加作成する必要がなくなりました。
  • 3 軸の工作機械を用いる場合、3軸に限定したNC出力を行うためのオプションも選択可能です。
  • 「 スムーズオーバーラップ」機能が、一般的な切削領域にも使用できるようになり、わざわざ境界カーブを選択する必要がなくなりました。


メリット: 垂直なサーフェイスに対する一定ピッチでの高精度加工の実現。

5 軸チューブ仕上げ加工

仕上げ加工は根本的に強化され、新機能の追加と既存機能の改善が図られています。

  • 「 固定 」工具軸の設定
    計算アルゴリズムが刷新された軸固定モードを選択すると、例えばウッドラフ工具を使用した場合でも、加工可能な領域を最適化することができます。そして操作方法は、5軸加工時の設定と比べて簡素化されています。
  • 「 仮想サーフェイス」
    「仮想サーフェイス」を使用すると、ツールパスの計算のためにモデルのオープンエリアを閉じたり、加工開始点となるサーフェイスをそれに応じて延長したりできます。「追加サーフェイス」とは異なり、仮想サーフェイスは干渉チェックおよび回避の対象には含まれません。干渉回避はモデルサーフェイスに対してのみ行われるため、「仮想サーフェイス」オプションをアクティブにしても、加工可能な切削領域の計算に影響はありません。
    さらに、切削パターンとして「パラレル」を選択している場合には、仮想サーフェイスでツールパスをトリムしたり、ピッチを最適化したりすることが可能です。
  • 「 パラレル」切削パターン
    パラレルでの加工には 3 つの異なるオプションが存在し、切削パターンと各種パラメータを調整できます。
    • 「一方向 外→内」
    • 「一方向 内→外」
    • 「ジグザグ」
    最終仕上げの前段階で効果が見込める2つの切削パターン「ジグザグ」と「一方向 外→内」では、工程と切削条件を最適化するために、独自のサイドステップと送り速度を適用可能です。
  • スムーズオーバーラップ
    複数の方向から、または複数の工具を使用して加工を行なう場合の面品位を向上させるために、「スムーズオーバーラップ」機能がチューブ加工でも使用できるようになりました。最適な加工品質を実現するために、加工の開始部と終了部のオーバーラップゾーンを定義可能です。

メリット: 加工品質の向上、プログラミングの簡素化、およびユーザー向けのさまざまな最適化オプションの提供。


積層加工

hyperMILL® VIRTUAL Machiningは、積層加工もサポートするようになりました。これは、Optimizer のテクノロジーを NC コード生成に活用して、対象加工機に完全に適合したプログラムが得られることを意味します。積層加工と切削加工の一連の製造プロセスに対して、hyperMILL® VIRTUAL Machining CenterによるNCコードベースでのシミュレーションが実行され、非常に高い信頼性を実現します。

メリット: 積層ツールパスの NC コードシミュレーションと hyperMILL® VIRTUAL Machining テクノロジーとの統合。

Optimizer:「最適化されたテーブルロジック」

テーブル側に回転軸と傾斜軸をもつタイプの加工機向けに新設された「最適化されたテーブルロジック」オプションは、NCタブの「安全退避」から選択できます。ユーザーが「工具軸安全距離」を数値指定すると、ジョブリストで定義した素材形状、製品形状、フィクスチャーモデルを考慮して、Optimizer が安全な位置を自動的に計算します。定義された距離は全ての干渉対象との間で維持され、動作順序も自動的に最適化されます。その結果、理想的なリンク動作となるように簡単にコントロールできます。

メリット: プログラミングの簡素化とリンク動作の最適化。

hyperMILL® CONNECTED Machining – 工具データ

hyperMILL® の工具データを、工作機械のコントローラとの間で送受信できます。工具長、工具半径、コーナー半径、工具番号、工具名といった情報を転送可能です。これにより、例えば、外部の工具管理システムから工具情報をhyperMILL® にインポートしてプログラムを作成し、その工具情報をCONNECTED Machining経由で工作機械に転送できます。コントローラへの工具情報の入力には時間がかかるものでしたがそれも不要となり、入力ミスを回避できるようにもなります。

メリット: コントローラへの工具情報の転送、コントローラ内の工具登録情報の信頼性向上。


旋削フィーチャーとフィーチャー認識

新設された「汎用旋削フィーチャー」と「旋削溝入れ」により、旋削工程のプログラミングは従来よりもはるかに簡単かつ高速に行えるようになりました。旋削および旋削溝入れの加工対象エリアは、フィーチャーとして正確に認識され、フィーチャーテーブルに表示されます。hyperMILL® は、そのフィーチャーを旋削、旋削溝入れ、またはその両方の適用領域に自動的に分割します。これにより、ユーザーは輪郭選択とプログラミングにかかる時間を大幅に削減でき、認識されている全ての輪郭にどこからでもアクセスできます。
さらに、バーチャルツールとマクロテクノロジーを活用して、マウスを数回クリックするだけで自動的にプログラミングを行うことが可能です。

メリット: より簡単で高速なプログラミングを実現。

「受け渡し」ジョブによるメイン&カウンタースピンドル加工

hyperMILL® では、メイン&カウンタースピンドルを持つ一部の工作機械*を対象に、両主軸を跨いでの加工をサポートしました。「メインスピンドル」コンテナと「カウンタースピンドル」コンテナの下でそれぞれジョブを作成し、各主軸での加工に割り当てることができるようになりました。突切りの有無にかかわらず、ワークまたはバー素材は、新設された「受け渡し」ジョブにより反対側のスピンドルに受け渡されます。メイン&カウンターの両スピンドルでの加工、および製品の受け渡し動作の一連のプログラムは、加工機モデルと専用ポストプロセッサーを介して一つの NC データとして出力されます。

メリット: メイン&カウンタースピンドル加工のプログラミングが可能。

*DMG MORI CTX タイプの工作機械は、リリース 2022.1 以降でサポートされています。今後、サポート対象にはさらに多くのメーカーの製品やマシンタイプが含まれていく予定です。

hyperCAD®-S CADソフトウェア

バージョン2022.1の新機能