hyperMILL® CAD/CAMソフトウェア:
2017.1の新機能

hyperMILL®hyperMILL® 2017.1は、パフォーマンス、プロセス信頼性、柔軟性の向上に大きく貢献します。

  • hyperMILL®ミルターンのリンクジョブ対応により、旋削加工中のエアカット効率性を向上する多数の新機能を2.5D、3D、および5軸加工に追加しました。
  • 3D最適化等高線荒加工や5Xスワーフ1カーブ加工に搭載された新機能はその一例です。
  • hyperMILL® MAXX Machiningパフォーマンスパッケージも拡張されました。
  • さらにhyperCAD®-Sにも、さまざまな新しい機能が盛り込まれました。

カタログ

CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2017.1 | としてダウンロード

hyperMILL®バージョン2017.1

2017.1の新機能


PDF | 6,4 MB


ユーザー定義の工具

この機能拡張により、選択した2Dサイクルで加工に使う工具の形状をユーザーが任意に定義できるようになりました。hyperMILL®では、この任意の形状の工具に合わせてシミュレーションや干渉チェックが実行されます。
以下の2D加工手法に適しています。

  • (3Dモード)輪郭加工
  • 2Dプレイバック加工
  • 2Dプランジ加工


メリット: 柔軟な工具定義、干渉チェック中の安全性の向上、特殊工具への対応。


hyperMILL® MAXX Machining | ハイパフォーマンス加工(HPC)

荒加工のプランジマクロにおいてスピンドル回転数を調整する新しいオプションがサポートされました。スピンドル回転数を変更し、その速度の変化に対応するドゥエル時間を指定できるので、工具への負荷が少ない加工が可能になります。このオプションは、2.5D、3D、および5軸加工範囲の荒加工ジョブに使用できます。

メリット: 工具への負荷の軽減、プロセスの信頼性の向上。


CAM – 2.5D加工 | 2D T-スロット加工 (3D加工)

これは、T-スロット工具を使用してT溝を効率よく加工するための新しい加工手法です。さまざまな工具参照点の使用とZ切り込み量の最適化によって、T-スロット工具を使用したT溝の安全な加工が実現されます。すべてのツールパスについて干渉チェックが行われるため、最大限の安全性が提供されます。

メリット: T溝に対する迅速な加工、高い操作性。


CAM – 3D加工 | 3D エッジ加工

これは、3Dエッジを効率よく加工するために最適化された新しいサイクルです。3D曲線を選択することによって、荒加工と仕上げ加工のプロセスが生成されます。「参照ジョブ」オプションを使用することで削り残り部加工を行うこともできます。前の加工で削り残ったエリアも各プロセスに含められます。スムージング化されたツールパスは、輪郭の精度が低い場合も優れた切削結果を生み出します。この加工手法を使うと、特に抜き型を加工するようなプロセスを高い効率で処理できます。

メリット: エッジ加工のシンプルで迅速なプログラミング。

3D最適化荒加工: 標準ポケット

この拡張機能を利用すると、標準ポケットを荒加工領域の形状にフィットさせ、効率的に加工できます。その結果、高速加工に対応する工具を効率よく使用できるだけでなく、工作機械の移動が直線になることから従来よりも送り速度を速くすることが可能です。加工は、単独の標準ポケットとして実行するか、通常の荒加工と組み合わせた標準ポケットとして実行することができます。標準ポケットのツールパスと未加工部分のツールパスは、最適な動きになるよう接続されます。

メリット: シンプルで迅速なプログラミング、高速な加工。


CAM – 5軸加工 | 5軸スワーフ1カーブ加工

操作性を大幅に向上する2つの機能が追加されました。選択した面の形状に基づき、スワーフ加工で使用する為の完璧な曲面と曲線が自動で作成されます。内側のコーナーに対しては自動的にフィレットが挿入されます。これにより最適な加工が実現されます。

メリット: 高い操作性、シンプルで迅速なプログラミング。


CAMミルターン | hyperMILL®millTURN・リンクジョブ

hyperMILL®millTURN・リンクジョブを使うと、同一の工具を使用して加工できる複数のジョブを1つのジョブにまとめることができます。ステップ間のリトラクトの動きを省くことができるので、エアカットや不要な処理時間を大幅に削減できます。接続されるすべてのパスは、加工対象に合わせて最適化され、工具の干渉がチェックされます。

メリット: 加工時間の削減。


シミュレーションと実加工を完全に融合

実加工における工具干渉は、工作機械にダメージを与えるだけではなく、生産性低下とそれに伴う納期遅延をもたらします。この問題に対処するために開発されたのが、hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerです。PLC(シーケンサー)を含む実際の加工環境を、NCコードに沿ってシミュレーションします。これに加えて、革新的なhyperMILL® VIRTUAL Machining Connectorより、PCと工作機械をネットワークで完全に結び付け、加工機とシミュレーション動作の同期を実行します。

信頼性の高い総合的なシミュレーション

一般的に工作機械動作のシミュレーション機能は、CAM独自の内部データに基づいて実行されています。これはポスト処理実行前にシミュレーションされているということを意味しています。このようなCAM独自のデータを使用しているシミュレーションというのは、ポスト処理とシミュレーションが切り離されているということになります。OPEN MINDは、hyperMILL® VIRTUAL Machining Centeにより、ポスト処理後のNCコードに沿ったシミュレーションの実行を実現するという大きな一歩を踏み出しました。これにより、シミュレーション上のバーチャルな工作機械の動きと、実際の工作機械の動きを一致させることに成功しました。工作機械が稼働する前の段階で、信頼性の高い工具干渉の検出を行うことができるのは、NCコードに沿って稼働する加工シミュレーションだけなのです。

*hyperMILL® VIRTUAL Machiningを使用するには、hyperMILL® Virtual Machiningに対応するポストプロセッサが必要です。

リアルタイムのネットワーキング

スマートファクトリの進歩に従って、工作機械のオープン化も進んでいます。OPEN MINDは、工作機械のコントローラと双方向でデータをやり取りする初めてのコンポーネントとして、hyperMILL® VIRTUAL Machining Connectorを提供します。この機能により、CAMと工作機械の世界が最適な方法でネットワーク化され、いわゆる「コネクテッドマシニング」が現実のものとなります。これは、かつてないほどのイノベーションです。製造業のデジタル化がこの新しい段階へ踏み出すことで、企業にはプロセスや製品の長期的な開発投資から確かなリターンを得る大きなチャンスが巡ってきます。

実機械上の加工原点を配置実機械上の加工原点を配置

工作機械の加工原点は、NCプログラムの加工原点に合わせて設定されます。クランプのエラーや不正なクランプ位置を回避します。

工具の自動照合工具の自動照合

NCプログラムから渡される工具データは、工作機械の工具データと自動的に照合されます。ここでデータに不一致があれば、エラーメッセージが出力され、プログラムの実行が停止します。

NCブロックの同期NCブロックの同期

工作機械のNCブロックをhyperMILL® VIRTUAL Machining Centerと同期することができます。同期が完了すると、加工シミュレーションの加工位置と実際の加工位置は完全に一致します。

NCプログラムの転送NCプログラムの転送

NCプログラムは、工作機械コントローラのメモリに直接読み込まれます。

CADソフトウェア: hyperCAD®-S

バージョン2017.1の新機能