Navigation

    hyperMILL® CAD/CAMソフトウェア:
    2017.2の新機能

    より早く、より易しく、さらに多機能に: hyperMILL® 2017.2

    注目のハイライトは、効率よく正確に電極を作成できる新しい電極モジュールです。T-スロット加工では、T溝を素早く検出する新しいフィーチャーもあります。その他にも、3D最適化等高線荒加工の機能が拡張され、大幅に効率が改善されました。5軸スワーフ1カーブ加工では、ついにhyperMILL® for SOLIDWORKSのユーザーもスワーフ加工のプログラムをより簡単な操作で作成できるようになりました。

    CAMソフトウェア: hyperMILL バージョン 2017.2 | としてダウンロード

    hyperMILL®バージョン2017.2

    2017.2の新機能
    PDF | 3,2 MB | 2017


    CAMソフトウェア: hyperMILL®バージョン2017.2 | カタログ


    基本機能 | T-スロットフィーチャーとフィーチャー認識

    2.5D T-スロットフィーチャーとフィーチャー認識

    新しいフィーチャータイプを使用すると、製品中のT-スロットが素早く容易に認識されます。フィーチャー認識には次の2つのタイプが利用可能です。T-スロットおよびポケット(底面あり)& T-スロットです。このフィーチャー情報は「3Dモデル上のT-スロット」の加工方法に組み込まれて、数クリックするだけでスロットを高効率で加工できます。
    メリット: シンプルで迅速なT-スロット認識とプログラミング。


    3D最適化荒加工 | hyperMILL 2017.2

    CAM – 3Dモード | 3D最適化荒加工

    切り込みモードが、削り残り部荒加工モードに最適化されました。最適な切込量は、削り残りの厚みと深さに関連する「切り込み最適化を使用」オプションを使用して計算されます。ユーザーは工具の形状諸元へ切削を合わせていくことができます。これにより、「最大切り込み量」パラメータを使用して有効刃長の長い工具を最適に使い切れるように、正確に制御できます。
    メリット:より高速な加工と工具を効率よく使い切る。


    5軸スワーフ1カーブ加工 | Solidworks

    CAM – 5軸加工 | 5軸スワーフ1カーブ加工

    新しい2つの機能により、hyperMILL® for SOLIDWORKSの操作性を大幅に向上します。面選択により選択された形状に基づいて、スワーフ加工用に完全な面と曲線が自動的に作成されます。内角コーナー部への自動フィレットが最適な加工を保証します。
    メリット: 高い操作性、シンプルで迅速なプログラミング