ワイヤーEDMのためのCAMソリューション

OPTICAMを使用すると、単純な2軸の動きか複雑な4軸の動きかにかかわらず、ワイヤーEDMのNCプログラムを効率的かつ柔軟に作成できます。OPEN MINDは実績のあるOPTICAMワイヤカットモジュールをhyperCAD®-S CADソフトウェアで提供します。

ワイヤーEDMは、放電加工の原理に従って動作し、放電加工切削あるいはワイヤー切削とも呼ばれます。非常に複雑な形状を最小のコーナー半径で加工しながらも最良の面品質が求めらる場合に、切削加工の代替として歪みの少ない放電プロセスが利用できます。高精度CNC機械は、工具ワイヤー(陰極)を非常に高い位置精度で移動させ、放電を使用して加工対象(陽極)でプログラムされた輪郭を加工します。

ワイヤーEDMのための実証済のソリューション

OPTICAM CAMソフトウェアは、ワイヤー放電加工機を効率的かつ安全に作動させるために使用されています。OPTICAMは幅広い機能を備えており、すべての主要メーカーと最新のポストプロセッサの技術データベースを使用してワイヤーEDMで発生する可能性のある問題を解決します。

OPEN MINDは、OPTICAMワイヤーEDMソリューションをhyperCAD®―Sソフトウェアに完全に統合して提供しています。最新の「CAMのためのCAD」環境として、hyperCAD®-S CADソフトウェアはさらにプログラミング作業をスピードアップします。切削、ミルターン、およびワイヤーEDMのプログラムを同一モデルで作成することができます。ユーザーが行う必要があるのは、OPTICAMワイヤカットモジュールとhyperMILL® CAMソフトウェアの間で切り替えることだけです。 OPTICAMソリューションは、統合、信頼性、使いやすさの観点からすべての要件を満たしおり、hyperCAD®-Sの認定を受けています。

カタログ

Wire cutting: CAD Integration | Download

Wire cutting

CAD Integration: OPTICAM in hyperCAD®-S


PDF | 2.3 MB


ワイヤーEDMの機能

フィーチャー認識フィーチャー認識

NCプログラムに対して自動的: コンポーネント分析時に、ワイヤー加工可能な図形はフィーチャーとして確実に認識されます。特定の領域のみのワイヤーEDM、またはユーザー定義のフィーチャーの作成のために、フェイスまたはエッジを手動で選択することもできます。最適な加工手法がフィーチャーごとに識別され、広範なテクノロジデータベースを使用して直ちに定義されます。 自動フィーチャー生成 フィーチャー情報の利用 アンダーカットの制御 最大円錐制御

シミュレーションシミュレーション

ツールパスは、3Dシミュレーションで確実に確認できます。干渉チェックされた工作機械および切削シミュレーションは、ワークスペースを綿密にモニターし、高度の安全性を提供します。パスオフセット、クランプおよび工作機械のヘッドが表示されます。加工時間は、ワイヤーEDM作業ごとに素早く簡単に計算できます。これにより、加工時間を完全に計画することができます。

技術データベース技術データベース

OPTICAMモジュールは、ワイヤー放電加工機の最新機能に継続的に対応しています。幅広い機能を備えているため、このモジュールはワイヤー加工分野のマーケットリーダーであり、多くの有名な工作機械メーカーが推奨しています。技術データベースは、工作機械メーカーから直接提供されるため、常に最新のものです。

ポストプロセッサポストプロセッサ

ポストプロセッサはOPTICAMの製造元であるCamtekによって常時アップグレードされており、常に機械メーカーと緊密に協力しています。これにより、ポストプロセッサは常に最新で信頼性があります。

効率的で信頼性の高いワイヤーEDMの加工手法

  • 作業の監視の要/不要
  • パンチ加工
  • リバース加工
  • スラグの自動除去
  • ユーザー定義の加工手法をテンプレートとして保存可能
ポケット加工ポケット加工

工作機械のダウンタイムと人手介入はすべてコストがかかります。この問題に対する解決策は次のような加工手法を用いてスラグを発生させずに効率的なポケット加工を行うことです。円筒形/円錐形のポケット加工、4軸ルールド面ポケット加工*、ジオメトリセクションの部分ポケット加工*

*モジュールはオプションで提供されます。

ネック加工ネック加工

自由に定義可能な角度で投影することにより、高さが変化する参照平面を加工することが可能になります。これにより、同じ高さの一貫した円筒状ネックを加工対象上に作成することができます。

ルールド面ポケット加工ルールド面ポケット加工

スラグを発生させずにルールド面を加工することができます。これにより、プログラミング作業が大幅に削減され、加工を見守る必要がなくなります。

部分ポケット加工部分ポケット加工

従来の荒加工とポケット加工を組み合わせることができます。

コーナーリリーフコーナーリリーフ

シャープな内部コーナーにおいてターゲットを絞ってツールパスを制御できますモデル変更に時間をかけずに、5種類のコーナーリリーフが可能。

イベントとセグメントイベントとセグメント

イベントポイントを使用して、重要なコメントや便利な加工指示を素早く簡単に挿入できます。加工作業は個々のセグメントに分割されます。これにより、切削数、オフセット値、リードオンおよびリードオフ機能、または部分ポケット加工を個別に設定することができます。

リードオン/リードオフリードオン/リードオフ

切削輪郭をオーバーランするオプションとして、直線、任意の角度、円弧、蛇行があります。リードオンおよびリードオフの機能をプログラムすることができます。

開始穴とタグ開始穴とタグ

OPTICAMは、これが完全に自動化されて最適化されているか、設計に基づいて事前に定義されているか、手動で選択されているかにかかわらず、最適な開始穴とタグを常に計算します。事前定義された開始穴の形状が考慮されます。タグのタイプ、位置、および数は、自動的または手動で定義できます。三角形と複数のタグは、複数の開始穴で作成することもできます。

メリット

  • ワイヤー放電加工機の簡単で迅速なプログラミング
  • パワフルなCADシステムへの統合により3Dデータの
  • 2〜4軸のワイヤー放電加工機の広範な加工手法
  • ユーザー定義の加工手法をテンプレートとして保存可能 自動
  • 自動準備が簡単生成
  • 準備が簡単情報の使