時計・宝飾品

CAM システムは、時計・宝飾品業界にとっても必要不可欠な存在となりました。微細部品や宝飾品の入り組んだディテールを製作するために使用されるのです。CAM システムを利用することにより、柔軟性やプロセス信頼性を高いレベルで達成できるなど、メーカーに多くのメリットがもたらされます。

この業界のメーカーにとって、プレミアムな時計や宝飾品類に用いるデリケートな精密部品を製作するのは決して簡単なタスクではありません。顕微鏡レベルの小さなパーツを高い品質を維持しながら、大量に生産する必要があります。時計・宝石業界の NC プログラマーが CAM システムを特に重視するのは、こうした理由によります。最高の精度、極めて優れた面品質、高いレベルのプロセス信頼性が求められます。

業界が抱える課題

  • 加工時間の短縮: 革新的な HSC (ハイスピード加工) と HPC (ハイパフォーマンス加工) を荒/仕上げ加工に適用
  • プログラミング時間の短縮: “フィーチャー&マクロ“を利用してポケットや穴の NC プログラミングを自動化
  • プロセス信頼性の向上: 干渉チェックがなされたツールパスと正確なシミュレーション機能
  • 面品質の最適化: パスのブレンド機能 (スムーズオーバーラップ) による追加仕上げ工程の最少化

高級時計などに求められる精度と信頼性

プラチナ、鋼、真鍮、チタン、その他高級な材質で時計部品を製作する際、hyperMILL® を利用すれば、精密部品に対しても効率よく正確にプログラミングができ、信頼性の高い加工が可能となります。特に先進的な 5 軸加工手法により、一つのプロセスの中で複雑な自由曲面の加工や時間のかかる彫刻も行えます。その結果、非常に素晴らしい面品質が得られ、時間のかかる追加仕上げ工程の必要性が大幅に減ります。

業界特有の製品を加工するための CAM 手法

オートメーションオートメーション

”フィーチャー&マクロ”

hyperMILL® のフィーチャー認識機能によって製品モデルから穴やポケットなどの形状要素が、その加工に必要となる各種情報を含めた形で抽出されます。
この情報は事前に登録・保存された加工工程 (マクロ) と組み合わされ、これによりプログラミングの自動化が可能になります。

5 軸加工5 軸加工

5X 穴あけ加工

5X 穴あけ加工を利用すると、さまざまな工具軸方向からの穴あけ加工工程を短時間で簡単にプログラミングできます。この加工手法ではすべての穴に対する加工方向が自動的に計算され、各エリア間をリンクさせる動作にも干渉チェック機能が働き最適化されます。

5X フリーパス加工

5X フリーパス加工を使用すると、彫刻加工やチェーシング加工を効率的かつ安全に行うことができます。突き出しを短くした工具で立壁部を干渉なく加工できます。

5X スワーフ加工

5X スワーフ加工でパスの間隔を広くとれるため切削時間が短縮され、それと同時に高品質の加工面が得られます。回避サーフェイスと切削サーフェイスを定義してストックトリムを有効にすると、簡単かつ精度よく加工を最適化できます。

希少資源としての時間

時計メーカーにとって、”時間”は言うまでもなく重要な要素の一つです。プロセスの最適化は時間を節約する重要な手段です。hyperMILL® は、効率的なプロセスを生み出す多くのソリューションを提供しています。”フィーチャー&マクロ”とカスタマイズされた自動化機能によって、プログラミングにかかる貴重な時間を短縮することができます。パワフルなシミュレーション・ソリューションによって段取り時間が最少化されます。さらに、フォローアップ作業を減らせば、必ず加工時間も短縮され、結果的にコスト削減につながります。

参考資料

一目瞭然のメリット

  • あらゆる加工への対応:一つのユーザーインターフェースに統合された様々な加工手法
  • 高度な自動化機能: “フィーチャー&マクロ“から NC プログラミングの完全自動化までを実現
  • 高いプロセス信頼性: 完璧なツールパス、正確なシミュレーション機能、干渉回避機能
  • プログラミングの簡単さ:プログラミング:直感的な操作性と各種自動化機能がオペレータをサポート
  • ハイエンドのポストプロセッサー: ユーザーの要求に合わせて柔軟にカスタマイズ

ギャラリー

動画

5 軸加工5 軸加工


5 軸加工:ティアラ | 大山エンジニアリング株式会社様

この動画では、大山エンジニアリング株式会社様の協力のもとで、ティアラを加工する事例をご紹介します。これは、最高級の面品質、繊細なディテール、高い精度が追求される製品の代表格です。