Navigation

    hyperMILL® に新たに登場した革新的な旋削加工法

    15.12.2017

    工具メーカー Vandurit社(バンデュリット) は、OPEN MIND の最先端の hyperMILL® CAM ソフトウェアに整合する革新的な rollFEED® 旋削加工技術を開発しました。両社の協力によって生まれた同技術は CNC(コンピュータ数値制御)による旋削加工の新たな裾野を広げるものであり、工程の信頼性を飛躍的に高め、加工時間の短縮と工具損耗の低減を極めて高い水準で実現します。

    OPEN MIND は、hyperMILL® ユーザーが旋削加工のあらゆるニーズに対応できるよう、rollFEED® という能率的な旋削加工方法の開発に注力してきました。この加工方法により、ワークの表面を短時間で完璧な形に仕上げることができます。

    切削工具を最適な方法で使用する

    3 軸加工手法に分類される rollFEED® 旋削加工では、切削工具(バイト)の刃面全体を利用でき、あらゆる形状の回転体を削り出すことができます。この切削動作は B 軸の水平旋回と同時に X および Y 軸の補正動作を組み合わせることで生み出されます。つまり、切削工具を交換することなく 1 つの連続した動作で溝を加工できるのです。CAM システムの機能により、切削工具は円柱面に沿って第 1 プレーンから第 2 プレーンの表面まで自動的にガイドされます。回転動作と旋回動作を適切に組み合わせることで、半径の大きな素材であっても干渉をチェックしながらの加工が可能です。このようにすることで、工程全体の信頼性が向上します。hyperMILL® の rollFEED® 旋削加工方法は、Vandurit における rollFEED® の 3 つのコンポーネント(切削インサート、バイトホルダー システム、ドライブ ユニット)と完全に調和しています。ドライブ ユニットの親和性が高いため、Vandurit では旋回軸の機構がない旋盤の改装も実現可能です。

    革新的な旋削ジョブを実現する rollFEED® のドライブ ユニット、バイトホルダー、切削インサート

    hyperMILL® の rollFEED® 旋削加工方法 - ワーク表面を完璧に仕上げる