Navigation

    加工時間を大幅に短縮する加工手法

    HEGGEMANN AG(本拠地: ビューレン、ドイツ)は金属加工分野で活動する、軽量素材専門のサービスプロバイダです。

    Aerospace: HEGGEMANN

    hyperMILL® MAXX Machining パフォーマンスパッケージは、生産性を飛躍的に向上させることができる仕上げ加工、荒加工、穴あけ加工の 3 モジュールを提供します。ビューレン(ドイツ)を本拠地とする HEGGEMANN AG社は、航空宇宙および自動車産業を中心に事業展開している開発・製造メーカーです。同社は、hyperMILL® を導入したことで多くの加工対象の加工時間を最大 1/3 まで短縮しています。

    チャレンジングな業界の顧客からの高い要求を満たすために HEGGEMANN社 は、エンジニアリング部門と製造部門の両方で、高い技能を有するスタッフを雇用しています。従業員は、部品を開発して組み立てるまでの過程における初期段階において、効率的な製造を実現するための最も効率の良い製造コンセプトを決定します。エンジニアリング部門の技術者は、さまざまな素材や製造方法に関する幅広い専門知識を有しており、ここで彼らのスキルが活かされます。さらに同社には金属薄板やソリッド(塊の素材)を加工する機械設備が整っています。利用できる加工設備はフライス盤、旋盤、複合加工機の計 18 台で、大部分は DMG 森精機製とHermle 製です。HEGGEMANN が複雑な部品や大量の部品の製造要求に柔軟に対応できる理由はここにあります。

    Aerospace: HEGGEMANN | CAM software hyperMILL
    Aerospace: Heggemann | 5-axis tangent plane machining

    HEGGEMANN社が利用するソフトウェアも最先端のものです。HEGGEMANN は CAM システムとして OPEN MIND の hyperMILL® を 2009 年から使用しています。特に目を引く機能として、革新的な hyperMILL® MAXX Machining パフォーマンスパッケージを挙げることができます。とりわけ「5 軸タンジェントプレーン加工」は特に好印象の加工手法であり、大幅な加工時間短縮を実現できると、HEGGEMANN AG の製造部門トップである René Reiffer は断言します。

    革新的な仕上げ加工手法を支える主要要素のひとつは、そこで使われる工具(OPEN MIND が専用に開発したテーパーバレル工具)です。この工具の表面形状は 1,000 ミリ以上の大きな半径を持つので、非常に大きな切り込み量で仕上げ加工を行えます。
    Reiffer のチームはプログラミングの時間短縮も達成しています。このようなポケットをボール工具で加工した場合は仕上げ加工プログラムの作成に約 20 分かかります。5 軸タンジェントプレーン加工の場合は加工ジョブのプログラミングが 5 分でできます。

    2.5D、3D、5 軸の加工に合わせて最適化された荒加工

    この新しい OPEN MINDの パフォーマンスパッケージは、その他にも荒加工用の興味深い HPC(ハイパフォーマンス加工)手法を提供しています。たとえば、hyperMILL® MAXX Machining 荒加工モジュールは加工状況に応じてスパイラル状とトロコイド状のツールパスに切り替えていくことで大容量の素材除去が可能になります。また、切削状況に応じて送り速度を動的に自動調整してくれます。特筆すべき点は、これが 2.5D、3D、5 軸のいずれの加工にも適用可能なことです。

    www.heggemann.com

    航空機器: HEGGEMANN | としてダウンロード

    HEGGEMANN AG | Büren, ドイツ

    フルストーリー
    PDF | 490 kB | 2017


    航空機器: HEGGEMANN | Customer Story