Navigation

    CAMユーザーのためのCADソフトウェア

    CAD(コンピュータ支援設計)OPEN MINDは最先端のCADシステムに対する統合製品としてCAMソフトウェアを提供し、そして自社のCADソフトウェアであるhyperCAD®-SCAMプログラマ用に開発しました。

    CADソフトウェア

    機械構造はますます複雑になってきています。厳しくなるいっぽうの要望に対して、効率良く安価で、かつ安全に実行可能なCADシステムは、エンジニアにとって不可欠なツールとなっています。

    CAD(コンピューター支援設計) とは、製品設計、変更、分析、または最適化においてコンピューターシステム(またはワークステーション)を活用することです。CADソフトウェアは、設計者の生産性を高め、設計の品質を向上させ、ドキュメントによるコミュニケーションを改善し、製造用のデータベースを作成するために使用されます。

     

    二つのCAD統合製品

    OPEN MINDのCAMソフトウェアであるhyperMILL®は、最先端のCADプログラムであるAutodesk® Inventor® および SOLIDWORKSへの統合製品として利用することができます。しかし、CAMプログラマが主なターゲットグループである場合、CAMプログラマは、設計者やエンジニアとはCADシステムの利用方法が大きく異なるため、OPEN MINDは、最も効率的にNCプログラミングが可能なCADモデルを準備できるもう一つのソリューションも提供しています。それがhyperCAD®-S CADソフトウェアです。開発当初から、ソフトウェアの開発者はCAMプログラマのためのCAD機能に集中していました。

    CAMプログラマのためのCADソフトウェア

    hyperCAD®-Sでは、主要なCADプログラムから大量のデータをシームレスにインポートすることができます。OPEN MINDのCADソフトウェアは、ユーザーにさまざまなデータインターフェースを提供して高度な相互運用性を実現しています。ユーザーの多様なニーズに対応するために、hyperCAD®-Sには複数のモジュールがあります。

    構造 | hyperCAD-S
    インターフェース | 構造 | hyperCAD-S
    点、曲線、フェイス | 構造 | hyperCAD-S
    ソリッド | 構造 | hyperCAD-S
    ポリゴンメッシュ | 構造 | hyperCAD-S
    デフォメーション | 構造 | hyperCAD-S
    電極 | 構造 | hyperCAD-S