hyperMILL® for SOLIDWORKS

SOLIDWORKS – 3D CADソフトウェア - とhyperMILL® for SOLIDWORKS - 強力なCAD統合としてのCAMプログラムは、完璧な連携により設計と製造プロセスをスピードアップします。これにより、製品がより早く市場に投入できます。

SOLIDWORKSの3D CADソリューションは、高い生産性を達成するための強力な設計機能をユーザーに提供しています。

hyperMILL® for SOLIDWORKS CAMソフトウェア

hyperMILL® for SOLIDWORKSは、ダッソーシステムズの「ゴールド」製品としての認定を受けるため、いくつかの認定プロセスを経てSOLIDWORKS向けの「ゴールド」製品として認定を受けました。これは、このCAMソフトウェアがSOLIDWORKS CADソフトウェアに完全に統合されていることを証明しています。CADにおけるCAM機能の統合だけでなく、hyperMILL® for SOLIDWORKSは、信頼性、使いやすさに関する最高の要件も満たしています。これは、数多くのSOLIDWORKSのリファレンスカスタマーによるこのCAMソリューションの成功事例によっても裏付けられています。

動画:hyperMILL® for SOLIDWORKS

Please accept cookies

Please enable cookies to view this content

Enable cookies

 

hyperMILL® for SOLIDWORKS の特徴

「認定ゴールド」製品としての承認

ダッソーシステムズは、hyperMILL® for SOLIDWORKSを「ゴールド」製品に認定しました。これは、プログラムの完璧な統合、品質、および相互運用性を保証するものです。hyperMILL®ユーザーインターフェースはSOLIDWORKSに完全に統合されています。CAMデータは、SOLIDWORKSの図形データと関連付けしてリンクされます。

単一のデータベース

統合により、単一のデータベースで連続性のあるプロセスが実現されます。CADシステムとCAMシステムの両方で同じデータモデルにアクセスします。これにより、データの読み込みや書き込みのエラーを防ぐことができます。

シングルパーツモードとアセンブリモードで作業が可能

hyperMILL® for SOLIDWORKSでは、シングルパーツモードとアセンブリモードの両方で作業を行えます。干渉チェック時にはクランプやホルダーも考慮されます。関連する加工グループとともにhyperMILL®のデータが保存されます。

図形フィーチャーの利用

hyperMILL®のフィーチャーテクノロジーにより、CADシステムの図形情報をCAMプログラミングに使用することができます。たとえば、自動フィーチャー認識により、 ソリッドモデルやフェイスモデルの穴、ネジ切り、ポケットの検出が可能です。さらに、加工手法と工具をテクノロジーマクロのフィーチャーと組み合わせて、技術データベースに保存することができます。

すべての要件に対応するCAM加工手法

hyperMILL® CAMソフトウェアでは、2.5D、3D、HSC / HPC、5軸加工から旋削加工まで幅広いCAM加工手法を自由に使用できます。

カタログ

 –
hyperMILL® for SOLIDWORKS。

CAD統合 将来志向のテクノロジーシームレスな統合。

/fileadmin/user_upload/pdf/cam/cad-integrations/bro-solidworks-cad-integration-hypermill-jp.pdf

メリット

  • hyperMILL®の直接統合、いわゆるワンウィンドウ統合。ユーザーはCAMプログラミングのためにSOLIDWORKSから離れる必要はありません。
  • 一つのデータベースにより、SOLIDWORKSのパラメトリックモデルデータおよび関連モデルデータのプログラミングに便利 使い慣れた外観と操作感を備えた信頼できるユーザーインターフェース:学習しやすく、CAD機能に素早くアクセス。
  • シングルパーツモードとアセンブリモードで作業が可能。
  • すべての要件に対応する強力なCAM加工手法。
  • 世界をリードする5軸テクノロジー
  • 2006年以来、ゴールドパートナー認定
mobile-s mobile-m mobile-l tablet desktop-s desktop-m desktop-l desktop-xl