Navigation

    フィーチャーを使用したNCプログラミング

    フィーチャーテクノロジーの使用方法の2つの例として、標準化と自動化があります。CADモデルからの図形情報は、CAMプログラミングに自動的に使用され、いつでも標準としてアクセスできます。

    多くの部品は、穴、ポケット、島の基本的なフィーチャーで構成されています。たとえば無数の穴がある部品の各穴を手作業でプログラムすると考えると、CAMユーザーにとって退屈で疲れるだけでなく、エラーの可能性も高くなります。さらに、貴重な労働時間もムダになります。このような時間は、より複雑なプログラミング作業に費やされるべきです。

    このような場合に、ポケットや穴などのモデルの構造的な特性を包括的に記述することが可能なhyperMILL®のフィーチャー機能が活用できます。これにより、コンポーネントには一定の報が与えられます。フィーチャーテクノロジーは、類似形状に対する強力な対応への第一歩です。
    フィーチャーベースの加工は、自動プログラミングシーケンスを使用してNCプログラミングを高速化し、簡素化します。自動化された機能は、日常作業でCAMプログラマーをサポートし、時間を大幅に節約します。フィーチャーテクノロジーの他の利点として、ベストプラクティスの手順にアクセスすることにより、エラーの削減だけでなく包括的な標準化により高い品質が得られることです。

    製造に関連するフィーチャーと情報

    hyperMILL® CAMソフトウェアは、ポケット、穴またはT-スロットなどの幾何形状のフィーチャーの大部分を自動的に認識します。ブレードやインペラーの加工に使用できるフィーチャーも、マクロアプリケーション用に簡単に作成できます。 hyperMILL®は、CADシステムで利用可能なジオメトリ情報をCAMプログラミングで効率的に処理するためのさまざまな方法を提供します。フィーチャーには、割り付けられた形状と共に、製品に関連するすべての情報(上面、底面、方向、開始点など)が含まれます。
    これらの情報は定義した後で加工手法に割り当てることができます。形状や保存済みの技術パラメータがプロセスの途中で変更された場合でも、その変更が必要となるのはフィーチャーにおいてのみです。これらの変更は、再計算されたNCコードに自動的に反映されます。これは、必要とされるプログラミングの量をhyperMILL®のフィーチャーテクノロジーが大幅に削減する別の方法です。

    これだけではありません。カスタマイズ・プロセス・フィーチャー(CPF)(CPF)と呼ばれる機能も各ソリューションで利用できます。類似形状のための社内標準を定義できるため、これにより多くのプログラミング工程を自動化できます。さらに加工テンプレートとして保存されたワークフローが確立され、この加工テンプレートは類似の加工タスクにも利用できます。 CPFは、2.5D、3D、5軸加工から旋盤加工に至る豊富な加工手法の自由定義可能なシーケンスをもつ特徴的な形状間のプロセス志向の結合に基づいています。

    自動フィーチャー認識 | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    自動フィーチャー認識

    形状の検出、境界、リーディング・カーブ、およびプロファイルの作成、サーフェイスと穴のグループ化  

    ポケットのフィーチャー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    ポケットのフィーチャー

    底面のないポケットもサポートする自動ポケット認識

    穴フィーチャー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    穴フィーチャー

    すべての加工プロパティのを伴う貫通穴もしくは塞穴としての一般的な穴

    T-スロットフィーチャー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    T-スロットフィーチャー

    T-スロットとすべての関連情報の自動認識

    フィーチャー・マッピング | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    フィーチャー・マッピング

    ソリッドとサーフェイスモデルからのフィーチャーの認識

    フィーチャーブラウザー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    フィーチャーブラウザー

    異なるフィーチャーまたは加工サイド半透明表示

    タービンブレードフィーチャー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    タービンブレードフィーチャー

    マクロを適用するためのタービンブレードフィーチャーの簡単な定義と使用

    インペラーのフィーチャー | フィーチャー機能 | CAMプログラミングの自動化

    インペラーのフィーチャー

    マクロを適用するためのインペラーフィーチャーの簡単な定義と使用