ミルターンモジュール:単一のCAMソフトウェアによる切削加工と旋削加工

ミルターン機能は、1回の設定で効率的なオールインワン加工が行えるように設計されています。MILL-TURN MachiningモジュールはhyperMILL® CAMソフトウェアに完全に統合されているので、単一のユーザーインターフェースですべての切削加工および旋削加工が行えます。

複合加工機は2種類の加工技術を連携させる非常に優れたCNC工作機械といえます。メリット:ミルターン加工機の1回の設定で切削加工と旋削加工を行えます。これは非常に複雑な加工対象でも完全に加工できることを意味します。CNCプログラミングでは、ミルターン、すなわち切削加工と旋削加工の組合せによる加工がますます重要になっています。

NC工作機械でのオールインワン加工

ミルターンは、例えば、加工対象が回転対称の外径プロファイルを有する製品を切削加工するような場合に大きな可能性を秘めています。1台の工作機械でのオールインワン加工のおかげで、2台目のマシンで部品を再度クランプする必要はありません。加工時間が短縮し、より高い精度を達成できます。一般に、ミルターンは製造プロセスのコスト効率を向上させます。

切削と旋盤加工を1つのCAMユーザーインターフェースで

2種類の加工作業(旋削加工および切削加工)の複雑さは、NCプログラミングに高度な要求を突きつけます。したがって、CAMソフトウェアは、安全かつ効率的な作業を可能にする必要があります。
ミルターンはhyperMILL® CAMソフトウェアに完全に統合されています。ユーザーは、1つのユーザーインターフェースで、2.5D、3D、および5軸のすべての切削加工手法と、同じようにミルターン加工手法を使用することができます。MILL-TURN Machining ミルターンモジュールを使用して、すべての旋削加工と切削加工の手法を自由に組み合わせることができるため、hyperMILL®で非常に高度なミル/ターン向けタスクをプログラムすることができます。これは、可能な限り最良の加工方法を選択する際に、NCプログラマーが非常に柔軟に対応できることを意味します。
hyperMILL® に完全に統合された MILL-TURN Machining モジュールのもう1つの利点は、工具データベース、ストック追跡、干渉チェック機能およびポストプロセッサを、すべての切削加工および旋削加工で共通に使用できることです。


機能

  • 複合加工タスク用の単一プログラミング加工環境。
  • 複雑な5軸プロジェクトにいたるプログラミングへも柔軟に対応できる多彩な複合加工手法。
  • 旋削/切削/穿孔工具に対応する単一の共有工具データベースにより、標準化された工具管理を実現。
  • 工作機械、コントローラ、各種部品に個別に対応するNCプログラムを、一つのポストプロセッサーで旋削/切削加工用のNCコードを生成します。
  • 簡単な工具定義:ISOまたはANSIコードによるインサートの定義

カタログ

hyperMILL MILL-TURN Machining – CAMソフトウェア | ダウンロード

hyperMILL® MILL-TURN Machining

ミルターン(複合加工)機能


PDF | 6 MB


ミルターンの加工手法

メリット

  • プログラミング環境の変更不要。
  • 精度の向上と段取り時間の短縮。
  • 簡単な工具管理。
  • 1つのNCプログラムでの旋削加工と切削加工:ポストプロセッサは、旋削加工および切削加工作業に使用されます。
  • すべてのサイクルおよびコンポーネント全体の干渉回避。
  • すべての切削・旋削作業にわたるストック追跡が可能:ストック追跡はすべての旋削/切削作業にわたって計算されます。


hyperMILL® MILL-TURN Machining:ワークショップのデモパーツ | Grob

このデモパーツの製作は、hyperMILL® MILL-TURN MachiningワークショップでGrob G350Tを使用して加工しました。切削と旋削をうまく連携させた加工は、生産性や柔軟性が向上するなど、多くのメリットがあります。