高精度加工

hyperMILL® CAMソフトウェアによる完璧な面品位を実現

超精密加工および極めて滑らかな仕上がり面が要求される部品では、研磨や研削といった追加工程が必要になることが少なくありません。HyperMILL®は、高品質な仕上がり面を効率的かつ確実に得られるサーフェイス加工用の優れた各種機能を標準で搭載しています。

完璧な仕上がり面品位

「高精度モード」を使用すると、近似計算モデルではなく実際のCADモデルの面を使用してツールパスが計算されます。許容誤差がµm範囲内の極めて精密な加工を実現できます。NCポイントが切削トレランスに合わせて最適化されるので、均一な切削パターンが得られます。

つなぎ目のない仕上がり

多くの場合、加工の効率を上げるため、対象製品の加工領域を複数に分割し、異なる工具と切り込み量で加工します。ツールパス同士をブレンドする「スムーズオーバーラップ」機能により、ツールパスを最適化し、隣接する面またはツールパス部の間のつなぎ目部分をほとんど識別できないレベルにまで仕上げます。

エッジの高精度加工

鋭角なエッジを保護したり、加工対象となるサーフェイス全体を削り残りなく加工する場合に、「自動面延長」機能によって、選択した切削面の境界部を延長することができます。これによりエッジ部の加工結果が改善され、CADモデルを事前にマニュアルで修正する必要もなくなります。

高効率かつ高品質な切削加工

高品質な仕上がり面を得るには、パス間の距離を大きく設定することも非常に有効ですが、この加工を実現するのが非常に大きなR径を特徴とする革新的なバレル工具です。各種バレル工具をサポートするhyperMILL® MAXX Machiningのオプション機能により面を効率的かつ安全に加工できます。工具の軸方向と進行方向は完全自動で計算され、干渉の発生を確実に防ぎます。その結果、卓越した面品位を維持しながら加工時間を大幅に短縮できます。

hyperMILL® にご興味がございましたら、

info.jp@delete-me.openmind-tech.co.jpへお問い合わせください

カタログ

高精度加工

最高水準の精度 - 標準機能で達成


PDF | 920 kB

  リンク

Web サイト
工具・金型製造



バンパーの高精度加工

金型製造の分野の加工事例をご紹介します。ここでは、さまざまな高精度加工向けテクノロジーの活用をご覧いただけます。こちらの製品の優れた面品位は、ボールエンドミルおよびバレル工具を使用して実現しました。隣り合う面のつなぎ目はほとんど識別できません。この水準の精密加工が短時間で行えるのは必見です!