最大(MAXX)のハイパフォーマンス旋削

生産性およびプロセス信頼性の向上、加工時間短縮がこのパッケージの明確な利点です。実績のあるトロコイド切削の概念を、旋削対象となる様々な製品の荒加工において効果的に適用しました。

hyperMILL® MAXX Machiningでは、トロコイド切削の概念を様々な部品の旋削加工に素早く簡単に適用できます。ツールパス同士をつなぐ接続経路や、それらのアプローチおよびリトラクトの動きは、それぞれの加工に合わせ最適化されます。これにより、加工時間を大幅に短縮できる上、工具の寿命も大きく延びます。工作機械の動きが均等化され、それぞれの軸にかかる負荷が軽減されます。


トロコイド状のツールパス

優れたアルゴリズムにより、トロコイド状のツールパスを計算します。各パス間は理想的に接続され、アプローチとリトラクトの動作も最適となるよう調整されます。送りが最適化され、最大の速度が得られます。

加工モード

加工パターンとして、一方向もしくはジグザグのいずれか、加えて直線動作もしくはランプ動作のいずれかを、それぞれ選択可能です。加工内容に応じて、インサートは常に最大限に活用されます。


機能

  • プロセス信頼性の向上
  • 生産性の向上
  • 高い素材除去率
  • 簡単なプログラミング
  • 必要な工具の本数を削減
  • 工具にかかる負荷を軽減
  • 実証済みのCeleritive®社のHPCテクノロジーを採用