hyperMILL® ベストフィット –
ボタンを押すだけで部品を自動配置

このような問題によく直面していませんか?
多くの時間や労力を費やして、注意を払って機上にストックや製品を配置したのにもかかわらず、完成品はミスマッチを起こしている、といった問題です。
そこで私たちは、それらに対応できる簡単かつ効果的なソリューションを新たに開発しました!

hyperMILL® ベストフィットを使用すれば、ボタン一つで、人的操作では解消しきれない曖昧さを排除し、適切なワークの配置とクランプが行えます。加工後に工作機械の扉を開けたら、小さな削り残りがある未加工部分を見つけて、不愉快な思いをするようなことはもうありません。hyperMILL® ベストフィットを使用したプロセスは、安全かつ高精度で安定しています。

hyperMILL® ベストフィットにより、工作機械上における時間のかかる、にもかかわらず安全性を損なうワーク配置は、もう過去のことです。 hyperMILL®は機上の状況を検出し、部品を適切に配置してくれます。」

マンフレッド・グゲモス、OPEN MIND Technologies AGプロダクトマネージャー

従来のワーク配置 - 多くの労力が必要にもかかわらず安全性は低い

今までは、工作機械上のワークとクランプの配置を、NCプログラムに合わせるのが常識でした。この場合、ダイヤルゲージや制御装置側の機能を利用することに加え、細心の注意を払いながら、ワークを手作業で配置する必要があります。現実世界(ワーク)を仮想世界(プログラミング)にマッチさせるというのは非常に手間と時間のかかる作業ですが、それにもかかわらず思わしくない結果が出てしまうこともしばしばです。工作機械オペレータ、部門責任者、経営幹部に関わらず、これは関係者なら誰にとっても深刻な問題と言えます。

hyperMILL® ベストフィットによるリアルタイムの配置 – 高速、安全、高精度

hyperMILL® ベストフィットでは、ワークの適切な自動配置を実現。CAMシステムに完全統合されており、この問題を効果的に解決します。そのコンセプトは「CAM側によるリアルタイムで適切なワーク配置」というものです。適当に配置されたワークに対し、3Dプロービング機能を用いて機上計測を実行します。その計測結果はレポートとしてCAM側にフィードバックされ、その情報に基づきhyperMILL® ベストフィットがNCコードを実際のワーク位置に正確に合わせます。つまり、仮想世界(プログラミング)を現実世界(ワーク)に合わせるのであって、従来の不確実さを克服するまったく逆のアプローチです!そして、適切なクランプ状態に合わせて変換されたNCコードに対して、VIRTUAL Machineによるシミュレーションを実行し、さらにはNC Optimizerを使用して自動的に軸動作の最適化を図ることも可能です。安全で正確なプロセスを実現するため、工作機械オペレータはプロービングを行うだけで、ワーク配置を手作業で調整する必要はなく、加工をスタートさせることができます。そのメリットとしては、膨大な時間の削減、安全な加工、安定したプロセスなど挙げられます。



hyperMILL® ベストフィット

この動画をご覧いただくと、hyperMILL® ベストフィット独自の特長に加え、この革新的な技術から得られるメリットについてお分かりいただけます。

特長

  • 高速で信頼できるワーク配列をCAMシステムでリアルタイムに実現
  • VIRTUAL Machineによる実際のワーク配置位置でのシミュレーション
  • 実際のワーク配置に基づいたNC出力
  • 工作機械の可動範囲による制限や干渉の自動補正

メリット

  • 安全な加工
  • 複雑なクランプや計測が不要
  • 安定した段取り時間と加工
  • 加工全体にかかる時間の短縮
  • クランプ/配置に求められるスキルが不要
  • 設計の労力を軽減 → 補助的な図形描画が不要
  • 制御装置側でのゼロ点合わせが不要
  • プログラムを別の工作機械用として容易に転用可能

ギャラリー

hyperMILL® ベストフィットにご興味のあるお客様は

OPEN MINDの連絡先Info.JP@delete-me.openmind-tech.co.jpまでお問い合わせください。