いつでも多軸工作機械に最適なNCプログラム

hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、技術的観点から自動的に干渉の発生しない最適な工具軸方向を見つけ、移動経路を最適化します。強力な最適化アルゴリズムにより、工作機械の動作を効率的かつ安全なものにします。

スムーズで確実な多軸加工には、適切なNCコードが重要です。そのため、加工の効率と品質は最終的にNCプログラムによる動作シーケンスに大きく左右されます。hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、正にそのために開発されました。これは、NCコードへの変換中にプログラムを解析し、選択した工作機械の動作特性に最適な形でマッチさせます。自動的に最適な位置が定義され、各加工動作間で最適なリンク動作が追加され、工作機械によって異なるクリアランス動作が実行されます。これらの最適化によって、NCプログラム信頼できるものとなります。さらにはプログラミングにかかる時間が大幅に削減され、ジョブ間の移動時間も短くなり、NCプログラムを後から編集する必要がなくなります。

特長

  • 軸方向の解決策の自動選択
  • 2Dから5軸まで、どのようなジョブも自動でリンク
  • 軸の可動範囲に制限がある場合、別の解決策へと変更
  • プログラミングの単純化
  • 推奨される軸の解決策
  • クリアランス平面の計算
  • 干渉のリスクがある場合は動作を最適化
  • 許容範囲内で工作機械の動作を最適化
  • 自動リンク動作
  • 自動クリアランス動作
  • 加工時間の削減
  • 工作機械の運転時間の最適化

自動リンク動作

hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは、CAMでのプログラミング工程において個々のジョブ間を最適な動作で自動的にリンクさせるオプションを提供します。各ジョブ間または別の工具軸の解決策への切り替え時も、最適な接続動作が生成されます。これはいかなる加工工程でも適用可能で、2D、3D、5軸のジョブを対象に、動作が最適化された接続パスが作成されます。

  • 工作機械の構造や軸構成と利用可能な制御装置側機能を踏まえた最適化
  • 高速かつなめらかな加工動作と工作機械自体の保護の両立
  • 干渉チェックがなされた安全な動作
  • プログラマーの負担の最小化


自動選択される軸方向の解決策

"多軸加工の場合、軸方向には複数の解決策があります。そのため、プログラマーはどの解決策が利用できるかチェックして、最適なものを選ぶ必要があります。マニュアルで軸の向きを設定すると、最良の解決策を決定できないことがよくあります。もしくは、NCプログラム全体で決定すべきポイントが無数に存在することもあります。さぁ、プログラマーの仕事とミスの可能性を減らしましょう。 hyperMILL® VIRTUAL Machining Optimizerは自動的に最善の解決策を選択し、もちろんユーザーの製造基準に適応できます。"

  • 各ジョブを個別にチェック
  • 干渉があり、加工範囲を超える場合、代わりの解決策を自動的に検索
  • 必要に応じて複数方向からの加工となるようにジョブを分割可能
  • 最高レベルの信頼性と生産性