Navigation

    簡単な部品から複雑な部品までもカバーする効率的な3D加工

    hyperMILL® CAMソフトウェアは、3D加工向けのに強力で正確な機能を提供します。単純な、または複雑な形状であっても部品の高品質の曲面を迅速かつ確実に製造できます。

    3D加工 | CAMソフトウェア

    荒加工と仕上げ加工に対応した多数のモードにより効率的な3D加工が実現します。ツールパスは、最適化された製造時間を達成するために常に計算されます。その一例は、不必要な早送りと無駄な動きの回避です。

    パフォーマンスの向上

    hyperMILL® MAXX Machining のハイパフォーマンス加工(HPC)は、特に荒加工時のパフォーマンスをさらに改善します。また、高速切削加工(HSC)の機能は、精度、面品位、工具寿命、加工機の運動性能に対する最も高い要求も満たしています。緩やかな切り込み、スパイラルアプローチ、コーナーにおけるフィレット挿入より、高い送り速度の達成を実現します。

    包括的な自動化ソリューションにより、hyperMILL® は、3Dプログラミングの大幅な時間短縮の可能性を提供します。


    3D加工の手法

    • ストック荒加工
    • 走査線仕上げ加工
    • 3Dシェイプ仕上げ加工
    • 面沿い加工
    • 3D最適化荒加工
    • 等高線仕上げ加工
    • フリーパス加工
    • 平面加工

     

    • プランジ荒加工
    • 等高線最適化加工
    • 3次元ピッチ加工
    • フォームポケット
    • ペンシル加工
    • 削り残り部加工
    • リワーク加工
    • 曲線フロー加工
    • リブ加工および溝加工
    • プロービング

    3D加工の詳細

    荒加工

    3D HPC 荒加工

    任意のストック形状を荒加工工程を開始する形状として使用し、等高線ごとに処理していきます。さまざまな最適化オプションにより、非常に効率的な加工が可能です。

    仕上げ加工

    3D 3次元ピッチ加工

    完全な曲面を加工するための仕上げ加工には、数多くの手法があります。全ての面、輪郭付近、全体の面構成に対して干渉のない加工の実行を可能にする走査線仕上げ加工から、立壁に対しても一定の切込ピッチを使用する3次元ピッチ加工まで揃えています。

    高速切削加工(HSC)

    3D HSC z level finishing

    精度、面品質、工具寿命および工作機械の動的性能に対する高い要求を満たすために、特別なHSC機能がhyperMILL®に統合されています。

    • コーナー部へのフィレット挿入
    • スムーズプランジ
    • スムーズな切り込み
    • スパイラル加工
    • フルカットの回避

    リブ加工

    3D リブ加工

    この手法は、リブ形状部の溝部をプログラムするために特別に設計されています。リブ加工では、加工対象となる溝部が自動的に検出され、立ち壁部と底面が別々に加工されます。CAMソフトウェアは、隣接するエリアを完全に加工するために、形状の状態に基づいて適切な荒加工手法を選択します。このサイクルでは円筒形およびテーパー工具やコニカルツールもサポートしています。

    3D最適化等高線荒加工

    3D最適化等高線荒加工

    このサイクルにより、HSCに最適化された削り残り部加工用ツールパスが作成されます。以前の荒加工が出発点になります。ストックモデルと最小削除係数の定義により、削り残り部を超高速で計算できます。エアカット時の送り速度を高速化し、効率の高い加工を保証します。

    5軸割出加工

    すべての3D加工手法は、工具傾斜角度を固定した多軸割り出しにも適用できます。このプロセスでは、加工方向はフレームを使用して定義されます。シンプルなフレーム定義と管理が、傾斜軸/回転軸である4軸と5軸を使用する加工オペレーションをプログラミングする際に役立ちます。NCプログラムでトランスフォーメーションを利用すると、同一平面内、もしくはイケールに取り付けられた複数の製品に対するプログラムを簡単かつ便利に作成できます。また、すべての早送り移動について、干渉チェックが行われ、パスが最適かされます。

    5軸割出加工 | 3D加工


    3D Plane Machining

    With 3D plane machining the user can program single or multiple planar surfaces quickly and fully collision checked. All planar surfaces are detected automatically using a boundary. It is also possible to define the milling areas manually via surface selection. In order to machine planar surfaces as quickly as possible, an efficient pocket strategy is used.


    3D加工手法のメリット

    • シンプルまたは複雑な部品の高効率加工
    • 干渉チェックされた正確なツールパス
    • 詳細なシミュレーション
    • パフォーマンス向上のためのHSCおよびHPC最適化ツールパス
    • すべてのサイクルに最適なアプローチとリトラクト手法
    • カスタマイズ・プロセスー・フィーチャー (CPF)を使用した簡単で高速なプログラミング