2.5D加工:切削、穴あけ加工

典型的な2.5D穴あけ加工および切削加工タスクは、hyperMILL® CAMを使用すると、特に効率的にプログラムすることができます

hyperMILL® 2.5D加工の代表的な活用分野は部品や金型の製造現場で行われるプレート材への加工です。そこでは非常に多くのポケットや平面部、輪廓、穴あけなどに対応できる加工能力が要求されます。例えば、ポケットなどのフィーチャーを自動的に認識する機能といったインテリジェントなメカニズムにより、プログラミング時間が大幅に高速化します。
hyperMILL® MAXX Machiningのハイパフォーマンス加工機能 を使用することで、2.5D荒加工でさらに高いパフォーマンスを得ることができます。

2.5Dプログラミングの高速化

2D部品の加工には、通常、大きな自動化の可能性があります。したがって、hyperMILL® はプログラミングを完全に自動化できる包括的なソリューションを提供します。すべての2.5D加工手法は、多軸加工にも適用できます。


切削

  • ポケット加工
  • 長方形ポケット加工
  • 勾配付きポケット加工
  • 輪郭加工
  • 輪郭加工(3Dモード)
  • 勾配付き輪郭加工
  • 面取り加工(3Dモード)
  • 削り残り部加工
  • フェイス加工
  • プレイバック加工
  • プランジ加工
  • 多軸割り出し加工

穴あけ加工

  • センタリング
  • シンプルドリル
  • 高速深穴サイクル
  • 深穴サイクル
  • リーマ タッピング
  • らせん加工
  • ファインボーリング
  • ヘリカル穴あけ加工
  • 円形ポケット
  • ガンドリル
ポケット加工ポケット加工

直線またはテーパーのある輪郭のポケット加工向け。アイランド(島)と削り残り部を自動で認識します。オープンポケットと閉ポケットは、ポケット加工手法を使用しても問題なく加工できます。

輪郭加工輪郭加工

パス補正、自動削り残り部検出、工具の到達が難しいアンダーカット輪郭の加工のオプションを使用して、開輪郭と閉輪郭の加工を最適化します。輪郭加工(3Dモード)には以下が含まれます:

  • 3Dモデルに対する干渉チェック
  • 自動輪郭最適化とソート
  • ストックまたはモデルに対するツールパスのトリミング
  • アプローチおよびリトラクトのの自動選択
削り残り部加工削り残り部加工

2.5Dの輪郭加工およびポケット加工では、大きな工具では加工できない領域もあります。削り残り部加工手法では、参照ジョブとして指定された加工の未加工エリアを検出し、小径工具によるツールパスを生成します。

プランジ加工プランジ加工

2D曲線をベースとするプランジ加工では、難削材であっても垂直輪郭の荒加工と仕上げ加工を効率よく実行できます。

5軸割り出し加工5軸割り出し加工

すべての2.5D加工手法は、工具傾斜角度を固定した多軸割り出し加工にも適用できます。このプロセスでは、加工方向はフレームを使用して定義されます。シンプルなフレーム定義と管理により、傾斜軸/回転軸である4軸と5軸を使用して機械加工をプログラミングする際にユーザーを支援します。NCプログラムでトランスフォーメーションを利用すると、同一平面内、もしくはイケールに取り付けられた複数の製品に対するプログラムを簡単かつ便利に作成できます。すべての繰り返しの加工についても干渉とパスの最適化のチェックが行われます。

2.5D加工手法のメリット

  • 干渉チェックされた正確なツールパス
  • 詳細なシミュレーション
  • すべてのサイクルに最適なアプローチとリトラクト手法
  • フィーチャーマクロテクノロジーを使用した簡単で高速なプログラミング
動画 - 2.5D T-スロット加工動画 - 2.5D T-スロット加工


hyperMILL® 2.5D加工手法:T-スロット加工 - 3Dモデル

hyperMILL®のフィーチャー技術を使えば、T-スロットも高速かつ快適にプログラミングできることをご存じでしょうか?
フィーチャーベースの加工は、プログラミングの自動化シーケンスを使用することで高速化でき、NCプログラミングも簡単になります。

動画 - 2.5D面取り加工動画 - 2.5D面取り加工


hyperMILL® 2.5D加工手法:2D面取り加工 - 3Dモデル

hyperMILL®を使うと、バリ取りと面取りをどれほど速く、簡単にプログラミングできるかご存じですか?
"2D面取り加工(3Dモデル)"加工手法を使用すると、面取りモデルがある場合もない場合も、安全なバリ取りを数回のクリックで実行できます。

動画 - プレイバック加工動画 - プレイバック加工


hyperMILL® 2.5D加工手法:プレイバック加工

プレイバック加工手法とプレイバック機能を2.5加工に使えることはご存じですか?
これらを使えば、ツールパスと境界をインタラクティブに作成できます。