NCコードシミュレーションのカギを握るCAM情報

hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerを使用することにより、加工プロセスのシミュレーションおよび解析を通じて、非効率的な動作や無駄なコストの原因となるエラーを防ぐことができます。

hyperMILL®VIRTUAL Machining Centerは、CAMデータに基づくシミュレーションとNCコードシミュレーション、それぞれの利点を併せ持っています。最終的なNCコードシミュレーションにおいては、そこで必要とされる全てのプロセス情報(マイナスの削り残り代、面取り、穴パラメータなど)をCAM側から得られるようになっています。この情報は、干渉の誤検出を回避するためには不可欠で、関連する干渉要因を都度チェックするという非常に時間のかかるタスクを排除できます。

ツールパスの正確かつ完全なシミュレーションを行うには、CAMと工作機械の情報を全て鑑みる必要があります。幅広い解析機能により、その後の工作機械の運転を正確に評価できます。このように、hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは最大の信頼性をもたらし、加工と段取り工程の効率を大幅に改善します。

特長

NCコードベース

工作機械のデジタルツイン環境

干渉チェックに頼らない目視確認

すべてのツールパスと接続動作のシミュレーション

各軸のリミットチェック

切削シミュレーション

包括的な解析機能

工作機械、ホルダー、工具、製品モデル、素材をチェック

CAMシステムのプロセス情報

工作機械とのネットワーキング

最適なワーク配置

クランプテスト

CAMシステムが持つプロセス情報

"標準的なシミュレーションシステムは、CAMの内部ツールパスデータ、もしくはポスト処理後のNCコードに基づいて、加工工程のシミュレーションを行います。しかしNCプログラムを確実かつ正確にシミュレーションするには、CAMシステム側が持つプロセス情報とNCコードを併せて評価する必要があります。hyperMILL®では、それが実現可能です。例えば、次のような例があります。 hyperMILL®のジョブ設定において、マイナスの削り残り代や、製品モデル自体には存在しない面取りなどの加工を割り当てた場合、通常は意図的な削り込みやモデルと相違する個所の加工は当然干渉として検出され、後から改めて評価する必要があります。しかし、hyperMILL®® VIRTUAL Machining Centerを使用すれば、その必要はありません。すべての加工作業を現実に即して正確にシミュレーションし、それらをチェックして最大の信頼性をもたらします。"
ここでは次のプロセス情報が考慮されます。

  • マイナスの削り残し代
  • トリム範囲
  • モデル化されていない形状情報
  • 自動バリ取り: 面取りとエッジの判別
  • けがき


最大限の安全性を提供するシミュレーション

hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは、極めて直感的なユーザーインターフェースで、従来のシミュレーションが持つすべてのオプション機能を提供しています。工作機械のシミュレーションはデジタルツインモデルに基づいて行われ、製品形状、素材、切削工具およびホルダーや冶具、クランプなども含まれます。各軸をマニュアルで動かしながらシミュレーションすることもできます。各軸の可動域も踏まえてストロークオーバーの可能性も検出できます。各加工ジョブを個別にシミュレートすることも、シミュレーションの開始点を指定することもできます。

hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerは、驚くほど安全かつ効率的な方法で段取りを行うためのカギとなります。」

Dr.Josef Koch、OPEN MIND Technologies AG社最高技術責任者

NCプログラムの詳細な解析

効率的なシミュレーションに加え、hyperMILL® Virtual Machining Centerは、あらゆる加工状況を細かく検証できる幅広い解析機能を提供します。例えば 、クランプ調整機能を使うと工作機械の動作範囲を確実にチェックできます。これは、各軸の可動範囲を踏まえて、治具及びワークの最適な配置を自動的に計算するので、多くのケースで時間を要する段取り調整作業を避けることができます。各種の技術チャートにより、工作機械の運転状況を確認するための貴重な情報が得られます。NCプログラマーは、各軸の移動経路、送り速度、スピンドル回転数といった情報をいつでも確認でき、エラーや非効率な作業を防ぐことができます。このように、解析機能は加工工程における確実性と透明性をさらに高めます。

hyperMILL® VIRTUAL Machining Centerの解析機能

ワークスペースのモニタリングワークスペースのモニタリング

登録された工作機械モデルに基づいて、2.5D、3D、3+2または同時5軸加工における動作によりオーバートラベルになってしまうかどうかをチェックします。直線軸(X、Y、Z)と回転軸(A、B、C)の両方の動きがチェックされ、同時にクランプや冶具も含まれます。

停止位置の設定停止位置の設定

きわどい点を確実に確認し、その後のプロセスをより正確に評価するために、シミュレーションを特定の位置で停止するように制御することができます。停止点は、工具交換や早送りから切削への切り替わりなどの特定の条件下で自動的に作成されます。さらに、停止点は、NCブロックラインを使用して手動で選択することも、ツールパス上の任意のポイントからピックアップすることもできます。

表示の調整表示の調整

工作機械の各パーツの表示・非表示を調整して、シミュレーションの表示を最適化できます。「ヘッドとテーブル」などプリセット済みの工作機械の表示については、ボタンを押して呼び出すことができます。

安全なワークスペースの解析安全なワークスペースの解析

独自のベストフィット機能が、加工オペレーションにとって最適な配置を利用可能なワークスペース内でおこなってくれます。ワークスペース・モニタリング機能では、加工には未だ十分なワークスペースがあるにも関わらず、オーバートラベルになってしまうケースを確認することができます。この場合、ベストフィット機能が、最適なワークスペースの位置を自動的に決めてくれます。これにより、不要な段取り替えとそのための無稼働時間とは無縁になります。